Slider

和の文化

「黒文字(くろもじ)」 ご存知ですよね?

  和のうんちく 「黒文字(くろもじ)」   和菓子大好きな私、花より団子です。 春の和菓子は桜餅にうぐいす餅、そしていつ現われたかイチゴ大福などなど。 とっても美味しい季節ですね。 さて、この和菓子は何で食べますか。 もちろん手に取ってそのまま食べるのもありですが、お茶席やお呼ばれした時にはそうはいきませんよね。 その時には黒文字が似合います。 黒文字、和菓子用の高級楊枝ですね。 春に黄緑色の花をつけ、香油もとれる「黒文字」の木の枝から作る楊枝の別名です。 水羊羹などのやわらかい和菓子は、この楊枝で一口...

能を身近で触れてみて、わかることがいっぱい!

黎明会 和の学び ~和の芸能の原点 能の世界に触れる 2017,03,18   能のこと盛りだくさんのこの日。 みなさまと学び、身近で楽しみました。   先ずは長田あかね先生(神戸女子大学古典芸能研究センター研究員)と中山理事長による対談から。 太閤さんも大好きだったのですね。 昔の能は今みたいな調子ではなく、もっと早い調子だったそうです。   そして井戸良祐氏(能楽師)の解説と謡で、装束をつ けて能『羽衣』を披露していただきました。 「羽衣」お見せできないのは残念ですが、いつも能舞台で見...

今日は十六団子の日

由緒ある京都の浄住寺さんで 毎月第三木曜日に開かれている三木会。 日本の文化などの話から お煎茶を頂く会など ゆるり贅沢な時間を過ごせる会。   本日3月16日は春の豊作を祝う、祈る「十六団子の日」 11月には月見と共に十六団子を頂いたので 春にもしたいなぁと思って 今回は皆でコネコネ作りました!   【十六団子】とは 春には農作物を守るために“田の神様”が山から里へ下りてきます。 収穫が終わる秋には山に戻っていきます。 この神様の移動日である三月と十一月の十六日に 十六個の団子を供えることを「十六団子」と言...

襖が変えた美の表現

  今日の産経新聞に「襖が変えた美の表現」という題が。 読みたくなりますよね。 はい、みなさんとシェア!   米国出身の東洋文化研究者で、昨年「もうひとつの京都」を刊行されたアレックス・カーさんのお話しです。   「例えば「引き戸」は日本の発明ですね。」 寒さ厳しい中国北部や韓国の住居はレンガと漆喰の壁に覆われていたのに対し、伝統的な日本家庭は床の間や押し入れ、土間の周りを除けば壁らしい壁はなく、梁と柱だけの構造で、すかすかの空間。 蒸し暑い東南アジアの高床式住居に影響を受けたというが、日本の冬場は空間を閉じず...

家紋を楽しもう 「紋は進化する?」

  【紋は進化する?】 紋は時代によって同じ紋なのに形状が違う場合があります。 それが場合によっては名称が変わって別の紋になってしまうことも。 「彩紋(いろどりもん)シリーズ」に採用しようと思っていた「熨斗鶴(のしづる)」をちょっと調べてみた。 熨斗鶴の初見はどうやら大正四年発行の『紋尽くし』のようです。(画像左) 『紋尽くし』に関わった紋章上絵師がデザインされたのでしょうか。 そしてこの紋は『紋之泉』(大正十五年:後の『標準紋帖』)や『江戸紋章集』(昭和二年)などの紋帖でも採用されています。 画像中央の熨斗鶴は『紋典』(昭和七年)です。 ...

上巳の節句 まだまだ知らないことがいっぱい。

今日は上巳の節句。 桃の日、ひな祭りですね。 おめでとうございます。     そして、草餅の日なんですね。 草餅というとよもぎ餅のことですが、そのルーツは古代中国で上巳の日に邪気を払うとたべられていた母子草(ははこぐさ)です。 日本に伝わった時も母国草を使っていたのですが、地域によってはよもぎが好まれる等があり、今では草餅はよもぎのが定着してますね。 関西では最近まで母子草の草餅が食べられていたそうです。 えっ、食べてみたいですね。   では、雛祭りには桃の花を飾りますよね。 桃には伊弉諾命のお話しからも...

梅まつり勧進御能  第九回大阪天満宮

改めて伝統文化の凄みを感じたひと時でした。 梅まつり勧進御能、大阪天満宮表大門での『御門之謡』で初まり、拝殿祈祥祭神事としての御能『翁』『葵上』を拝観させて頂き、後席にて勧進元観世流シテ方上野朝義様、大倉流小鼓方宗家大倉源次郎様にもお話し頂けて、和の道仲間と実りある時間を楽しく共有でき、日本文化の大切さを改めて痛感しました。 (文:和合友の会 和の道代表 塚田昌久さん:https://www.facebook.com/masahisa.tsukada.14)     演目「翁」 「翁は能にして能にあらず」といわれ他の曲とは別格に扱われ神聖...

今年の顔見世は、いつもとちがう☆ ときめき☆平成歌舞伎、第40回

ときめき☆平成歌舞伎、第40回 今年の顔見世は、いつもとちがう☆     こんにちは。安積美香です。   ぽかぽか陽気かと思ったら、急激に寒い日。 わたくしのまわりもマスクさん急増! みなさまは、いかがでしょうか?   今年も、残り僅か。 そして京都では、顔見世が始まりました☆ 今年は、南座休館中のため先斗町歌舞練場での興行です。   南座に比べてとても小さいので、 熱気に帯びた雀右衛門襲名になるのではないでしょうか? ワクワク~♪   ...

今年もタイムトリップしてきました~☆ ときめき☆平成歌舞伎、第39回

ときめき☆平成歌舞伎、第39回 今年もタイムトリップしてきました~☆     こんにちは。安積美香です。 風邪やインフルエンザが流行っているそうですが、 みなさまは、いかがでしょうか?   わたくしは、せっかくの観劇が台無しにならないように 細心の注意を払って日々、生活しております。 体調管理も「歌舞伎のため!」でございます(まじめな話です。笑)   そして、恒例の遠征に行ってまいりましたよ☆ ちょっと、遠いのです。 明治時代まで!     ◆第...

ケレンたっぷり! 松竹大歌舞伎へ行ってきました~★ ときめき☆平成歌舞伎 第38回

ときめき☆平成歌舞伎 第38回 ケレンたっぷり! 松竹大歌舞伎へ行ってきました~★   こんにちは。安積美香です。 一気に、秋スイッチON! しましたね。   一日で最高気温31℃から、26℃へ。 着物どうしよう? ……うーん。 単衣の着納めだー! ヘンな理由をこじつけて 巡業の松竹大歌舞伎へ行ってまいりました!     ◆おいしいとこ取り! 獨道中五十三驛   巡業中の松竹大歌舞伎。 関西での公演は、京都芸術劇場 春秋座です。   ...

今年も「月イチ歌舞伎」、はじまってま~す★ ときめき☆平成歌舞伎 第37回

  ときめき☆平成歌舞伎 第37回 今年も「月イチ歌舞伎」、はじまってま~す★     こんにちは。安積美香です。   ようやく秋の気配? みなさま、秋を感じていらっしゃいますか?   食欲の秋? 読書の秋? スポーツの秋? 歌舞伎の秋!? 残念ながら、9月も10月も関西では大きな歌舞伎公演がありません。。。   ちっちゃい公演と「シネマ歌舞伎」があるので、 わたくしは、小さい歌舞伎の秋? を楽しみます~♪     ◆「...

8月は、アツ~い勉強会! ときめき☆平成歌舞伎、第36回

  ときめき☆平成歌舞伎、第36回 8月は、アツ~い勉強会!     こんにちは。安積美香です。   今年は、長い酷暑だそうですが、 みなさま、夏バテされていませんでしょうか?   わたくしは、七月大歌舞伎が終わり 気が抜けたような、夏が終わってしまったような・・・。 脱力~~~。   気がついたら、送り火も終わって8月後半! 書きかけていた原稿を、あわてて仕上げたわけでございます。     ◆8月といえば! &nbs...

大盛況! 七月大歌舞伎観劇ツアー☆ ときめき☆平成歌舞伎、第35回

ときめき☆平成歌舞伎、第35回 大盛況! 七月大歌舞伎観劇ツアー☆     こんにちは。安積美香です。 梅雨明けしました~☆ 夏本番ですね!   梅雨明けの2日前。 7月16日、七月大歌舞伎観劇ツアーを予定通り開催いたしました!! ご参加いただいたみなさま。 本当にありがとうございました☆     ◆第一部 ぷち☆みどころ案内   13時からは、和の心で「ぷち☆みどころ案内」でした。 いつも、30分くらい前からポツポツお見えになるのに 10分前になっ...
Translate »