和の文化 | 和の素敵 - Part 2
Slider

和の文化

しめ縄は神聖な場所を示す印

  「しめ縄」をつくりませんか  こんにちは。師走のあわただしい毎日。今年中にしなければと思う事がいっぱい。思えば思うほど焦ってしまう毎日です。こんな時期に多く行われるのは「しめ縄作り」のワークショップ。私も三年前に作りましたが、それ以来作ってなくて今年はと思いながら予定が合わず・・・残念。来年はちゃんと準備して浄住寺で作りたいです。FBでもさまざまなワークショップがありましたかご紹介しますね。お時間ありましたら、是非とも作っていただきたいです。しめ縄飾りワークショップ 古代米のし...

正月事始め 煤払いに松迎え

(「武家煤払いの図」喜多川歌麿 画)  正月事始めですね  こんにちは。今日は正月事始め。(12月8日の事始めの日に正月準備を行うところもあります)もうそんな時期になったのですね。早い!昔は(いつまでかな?)年末年始の準備をする日です。煤払いをして、松迎えを行います。煤払いは大掃除です、今日の夜のTVで東大寺の大仏さまの煤払いの映像を見るかもしれませんね。松迎えとは正月に飾る門松やお雑煮を炊く薪を山へ取りに行きます。  何故?12月13日  12月13日に...

「夢を染める」 夢こうろ染 奥田祐斎さん

  夢こうろ染 奥田祐斎さん  嵐山の保津川沿い、一番奥に工房を構える奥田祐斎さん。知人からの紹介で一年ほど前よりご縁をいただき、何度も嵐山へ。その度に、いつも新しい発見と気づきが。今回、改めて祐斎さんに「こうろ染め」と「きもの」のお話しを伺いました。今、当たり前と思ってることも少し前は当たり前でなかったり。知らないことは損してること。それでは、祐斎さんのお話しを一緒に楽しみましょう。  黄櫨染(こうろぜん)  来年くらいからすごく話題になると思うのですが、再来年の5...

魚偏の漢字 大切なことをいっぱい伝えてくれます

  魚偏の漢字  こんにちは。私の大好きなお寿司屋さん。お寿司嫌いな人、いるのかな?わさびが苦手な人はいるみたいですね。お寿司屋さんでは、魚偏の漢字がたくさん書かれた湯呑を見かけます。魚偏の漢字は一文字に魚の旬や昔の食習慣、受け継がれてきた食文化などの情報が詰め込まれていて、その意味や成り立ちを知れば知るほどよくできていることに感心します。私が教えている学校の授業でも生徒たちに、魚偏の漢字を、その意味や背景とともによく紹介します。今日は、先日(12月1日)の産経新聞に掲載されていた食育専門家の浜田峰...

「ひらがな」でよめば日本語のふしぎがわかるんですよ。

  ひらがなはいくつありますか?  はい、答えてください。そう、46文字ですね。では、なぜ、五十音というのでしょうか?五十音を数えるとき、「ん」は、はいらないそうです。初めて知りました。この46文字のひらがなでよめば日本語のふしぎがわかるんですよ。私の大好きな中西進さんの著書「ひらがなでよめばわかる日本語」「日本人の忘れもの」、ためになることがいっぱい書いてあります。少しでもご紹介できたらと思います。   ことばを大切に  人間はことばで考え...

漢字、ひらがな、かたかな、日本語って?

(絵:「柏木」 宗達筆「扇面流図屏風」:大蔵文化財団)  「文字」、いつからあったのでしょうね。  こんにちは。あたりまえのことを、ふと、何で?いつから?昔の人は?って思うことありませんか。昨日お会いした方へのお礼状、和の素敵の記事をパソコンで打っているとき、何気なく「文字」っていつから?と思う私です。文字がなければ・・・。もちろん文字があることによって文化が継がれていき(文化は口伝だけで継がれたかも)、文明が進歩してきたのは間違いないです。そう、だから今日は文字について。原初、日本には話しことばはあり...

師走だ~! 今年も残りわずかですね

  和風名月  睦月(むつき)・如月(きさらぎ)・・・師走(しわす)と続く日本古来の月の呼び名を和風月名(わふうげつめい)と言います。普通の解説では、「暦月の和風の呼び方。旧暦の季節の事象・年中行事に合わせた呼び名であるため現在の暦月との間に1~2ヶ月のズレがある」と言うことになるでしょうか。「1~2ヶ月のズレ」とある。たとえば霜月(しもつき)は十一月の名前とされますが、北国をのぞくと霜が降る月は現在の暦では十二月頃の風景という気がします。このズレを理由に、新暦より旧暦の方が季節に合う暦だという的はずれな議論も起こるのです...

「茶の間」 家族団らんの場

  茶の間で家族団らん  「茶の間」と「ちゃぶ台」、と聞いて今の子はわかるのかな?不動産屋さんのお部屋の案内に「8畳の茶の間」とは書かれないですね。いつのまにリビングやキッチンと言われるようになったのでしょうか。小さい頃のドラマは必ず「茶の間」で「ちゃぶ台」を囲んで一家団欒。ご飯の後は、急須で各自の湯飲みにお茶を入れて、四方山話、貫太郎一家ではその後、必ず親子けんか。けんかはするけど、家族みんなが仲良し、一人ぼっちにはしないし、いじめなんかなかったようなきがします。いい時代でしたね。大切な時ですね。...

今日は「和食の日」

   新嘗祭の次の日、今日は「和食の日」  こんにちは。今日は「和食の日」って、知ってましたか?11月24日、11は「いい」、2は「日本」の2、4は「食」だそうです。新嘗祭の次の日だし、ゴロはついてるし。秋の収穫の時期だから、難しく考えないでおこう。でも、せっかくだから、もっともっと、和食の素晴らしさを、知ってもらえたらいいですね。  自然を尊ぶ和食  2013年12月に和食がユネスコ無形文化遺産に登録されました。ちなみに、ユネスコ無形文化財、日本の...

明日は新嘗祭

明日は新嘗祭。 2014年に書きました記事を改めまして。 一年でとても大切な日、でも、国民のほとんどの方が新嘗祭を知らない。勤労感謝の日と名前を変えたのも大きな理由ですね。新聞にも新嘗祭のことがでてない。悲しいな。  今日は、新嘗祭にまつわる素敵なお話を見つけたのでご紹介。 (文:収穫感謝と食の集い:2012年) 新嘗祭は、新穀の収穫を神に感謝するお祭りのことで、毎年11月23日に行われています。「新嘗」とは、その年に収穫された新しい穀物を食することをいいます。新嘗祭は、...

「大安」は、いい日?「仏滅」は、悪い日?

  六曜、大安、仏滅、ご存知ですか。  こんにちは。今日は昨日の続き。旧暦には、実にさまざまな吉凶の占いが記載されていたというが、その好例が六曜です。これは、先勝(せんしょう)・友引(ともびき)・先負(せんぶ)・仏滅(ぶつめつ)・大安(たいあん)・赤口(しゃっこう)の6種をいいます。  友引は共引  このうち友引は、勝負事で何事も引き分けになる日、つまりは古くは「共引」と表記されており、元来は現在のような”友を引く”という意味はありませんでした。陰力と陽力が「共に引き合う」のであって...

旧暦、そこには日本人の思想が隠されていました。

   旧暦と新暦、今でも旧暦を楽しみたいですね。  こんにちは。この時期になると来年のカレンダーが届いてきますね。みんさんはどんなカレンダーを使われますか。私は新暦のカレンダーに旧暦が書かれているものを探します。といっても、六曜、大安や友引は書かれているけど、旧暦の日付が書かれてるのは少ないですね。今年は知人が作られましたお気に入りのカレンダーが届きました。24節気、72候が書かれています。贅沢をいえば、旧暦(来年は載せるそうです)と月齢が書かれているカレンダーが・・・。ど...

観音さまは男性?女性?

  観音さま 温和なお顔  各種の如来像と同様、菩薩像も性を超越した姿につくられます。仏教は元々男性優位的な面が強く、インドや中国の初期の観音像は通常の男性尊として造形されました。女性的性格を持つほとけは、ヒンドゥー教など異教から移入されたものに限られていました。ところが七世紀中ごろ以降、女性的な姿の観音を説く経典が出はじめます。それにともない、中国や日本では次第に豊満な肢体、温和な顔つきなど、、女性的特徴をそなえる観音さまが多数を占めるようになります。観音菩薩のなかに慈母のイメージを投影するようになり、中国起源の...
Translate »