読みもの | 和の素敵 - Part 109
Slider

読みもの

「家は習慣の学校である」

    「家は習慣の学校である」   「家は習慣の学校である」と福沢諭吉は言います。      「教うるよりも習いという諺(ことわざ)あり。けだし習慣の力は教授の力よりも強大なるものなりとの趣意ならん。子生まれて家にあり、その日夜見習う所のものは、父母の行状と一般の家風よりほかならず。一家の風は父母の心を以て成るものなれば、子供の習慣は全く父母の一心に依頼するものというて可なり。故に一家は習慣の学校なり、父母は習慣の教師なり。」子どもたちよ、こんな親なのにちゃんと育ってくれてありがとう。あらゆる文明はすでに存...

うるしを採る方法 うるし5

    うるしを採る方法 うるし5        うるしの樹液を採る「うるしがき」には、伝統的な採取方法が二つあります。   一つは、「ころしがき」。 ちょっとドッキリするような名称です。つまり、一年で、うるしの木全体の樹液を、すべて採ってしまって、もう根元から切ってしまう。うるしの液を採れるだけ採ってしまってから、一気にうるしの木をころしてしまう。そういうやり方です。   二つ目が、「ようじょうがき」。養生、という言葉からわかるように、大事に大事にしながらうるしの液を採る方法です...

貴重なうるし液 うるし4

    貴重なうるし液 うるし4   うるしの木からうるしの液を採るには、十年かかります。 ご存知でしたか。        うるしの木を植えて、だいたい十年ぐらいで、やっと十メートルくらいの背丈の高い気になります。うるしの液を採るには、幹がだいたい直径で15センチくらいの太さになる必要があります。およそ八年から十年くらいで、その太さになりますので、普通は十年をめどに手を入れて育てます。では、その一本のうるしの木から、どのくらいの漆が採れるのか、と言えば、これが驚くほど希少なのです。一本のうるしの...

素敵なご縁をいただきました「雅楽」

    素敵なご縁をいただきました「雅楽」 以前も書かせていただいただきましたが、改めて雅楽とは。「雅楽」とは、元来は「俗樂」に対する言葉で、正統の音楽を意味します。この意味で雅楽と呼ばれる音楽は中国や朝鮮にもありましたが、その音楽そのものは日本の雅楽とは全く別ものです。        日本の「雅楽」は、日本古来の歌と舞、古代アジア大陸から伝来した器楽と舞が日本化したもの、および、その影響を受けて新しくできた歌の総体で、ほぼ10世紀(平安時代中期)に今日の形に完成した日本の最も古い古典音楽であります。主として...

うるしの種類 うるし3

    うるしの種類 うるし3   ウィーンのシェーンブルン宮殿には、「うるしの間」という有名な部屋があります。マリー・アントワネットの母親であるマリア・テレジアは、漆器をこよなく愛していました。      それが高じて、ついに宮殿の一室を漆黒のうるしを塗ったパネルで囲い、「うるしの間」までつくってしまいました。 また、マリー・アントワネットも、母からプレゼントされた漆器を大切に使っていたそうです。 ヨーロッパにも、アメリカにも、うるしの木はありません。では、うるしの木の原産は日本なのか、というと、そうで...

第五回 みやび流押絵教室 6月14日(土)14時より /  第五回 男きもの教室 6月21日(土)15時より

        第五回 みやび流押絵教室 月一回のお稽古ですが、三回受講されると押絵の基本を身につけることができます。(お稽古の受講は毎月続けてでなくても大丈夫)   6月のお稽古日(毎月第2土曜日14時より) 2014年6月14日(土曜日)14時より   押絵とは、紙と布による作品の表現です。 多彩に、多様に、技の可能性に挑み、今に生きる伝統美を一緒に楽しみませんか。 みやび流押絵の四代目小西聡甫(こにしそうほ)さんが、みなさまと...

漢字のお勉強 「金」

    漢字のお勉強 「金」   「金のわらじで探す」という言葉があります。 「金」の読みは「かね」。いわゆる「鉄」のことなんですね。        鉄のわらじだと擦り減らないので、「手に入れにくい物などを根気よく探す」という意味で用いられます。よく間違われるのが、黄金の「金=きん」ではありません。「姉さん女房は金のわらじをはいて探せ」と良く聞きますよね、この金も「きん」ではなく「かね」で、金属製の重たいわらじを履いてつらい思いしても探し甲斐があるよって意味です。ちなみに、姉さん女房、年上の女性...

「うるし」はいつごろ誰が? うるし2

    「うるし」はいつごろ誰が? うるし2   実はうるし仕様の歴史については、確定的な資料がほとんどないのです。これほどまでに古くから日本でうるしが使われていたのにもかかわらず、うるし分野の研究は存分になされていないのが現状です。        その理由として考えられるのは二つ。 一つは、うるしを学問的に研究する人は、化学や薬学方面に進まれる方がほとんどということ。うるしにふくまれている化学成分のウルシオールの研究ということになって、今日的にはどうしても薬品化学の方面になります。 もう一つ...

「japan」は、うるしという意味

    「japan」は、うるしという意味うるしは英語で書くとjapanです。小文字の「J」からはじまるjapan。      大文字のJapanは「日本」を、Japaneseは「日本人」を意味することはみなさんご存知でしょう。しかし、小文字の「j」からはじまる「japan」が「うるし」を意味するということは、あまり知られていません。さらに言えば、japanが「うるし」であるのならば、japaneseは「うるしの民」という意味になるのではないでしょうか。つまり、日本人はうるしの民だった、ということなのです。ところが、今、う...

着物サロン AMANE

お洒落GIRLの心を満たす、キュートなお着物・振袖と、最新のフォトスタジオを併設した「和の心」心斎橋AMANE。 AMANEの使命は一人でも多くの方にお着物を愛して頂きそしてお召し頂ける方を増やして行く事です。 是非、日本を代表する伝統文化「着物」を身にまとってくださいませ。 きっと幸せなひとときを笑顔でお過ごし頂ける事でしょう 。       AMANEさん HP  AMANE FB  ...

守破離って。

    守破離って。   先日の「きものの着方」で守破離と書いたのですが、守破離とは。わび茶を完成した千利休(1522-1591)の教えを、和歌の形式にまとめた「利休道歌」 (りきゅうどうか) のひとつに、「規矩作法 守り尽くして破るとも 離るるとても本を忘るな」、と言う歌があります。      「教えを守り続けながらも、いつしかそれを打破り離れていく事も大切であるが、そこにある基本精神は忘れてはならない」 と述べたものです。 特に師弟関係を重んじる芸道や武道の世界では、稽古や修行の段階を表現するものとして...

漢字のお勉強 「母」

    漢字のお勉強 「母」   5月11日は母の日でしたね。お母さんに日頃のありがとうの気持ちをこめて何かプレゼントされましたか。贈って喜ばれるベスト3は、感謝の言葉、お花、手紙・カードだそうです。      さて、「母」という漢字は「女」に「﹅」が2つ。「﹅」は乳房のこと。赤ん坊におっぱいを与えて育てる母親を強調しています。それでは「母」を使う漢字で「毎」。「母」に髪飾りを置いた形です。成熟した女性を指していますが、原義での使用例はほとんどないようですね。仮借(かしゃ)毎日や毎回など「度々」「常に」の意味...
Translate »