和の徒然 | 和の素敵 - Part 3
Slider

和の徒然

指切りげんまん  江戸の遊郭で流行った愛の誓い

  こんにちは。 八百万、目に見えないものまでにも「ありがとう」と思える和の心が、この星をいつも笑顔あふれる幸せな毎日にすると思っている葉室です。 「知れば恐ろしい 日本人の習慣」(千葉公慈著)の本は、日本に古くから伝わる馴染み深い風習やタブー、季節の行事、子どもの遊びや昔話などのルーツを探り、どこか不気味に感じられる行為そのものをひとつひとつ検証しています。 だから、とっても面白い。 その中から今日は「指切りげんまん」について。 お楽しみください。   江戸の遊郭で流行った愛の誓い 大切な約束を守るために、あなたは誓いの証しとして...

秋の季語と聞いて思い浮かぶのはこの5つ

秋の季語と聞いて思い浮かぶのはこの5つ
秋の季語を用いて、今の心境を俳句にするとどのような一句が思い浮かびますか。 春夏秋冬の中でも過ごしやすく、美味しい食べ物やこの季節にしか見られない街並みの色や空気を感じることができます。 四季の中でも、秋の季語は心を静かに和ませてくれるものばかり。 秋らしさを引き立たせる季語は、8月から10月の間の語句から選ばれたものが季語として用いられています。 紅葉 秋の季語に赤く色づく「紅葉」や黄色の葉が綺麗な「銀杏」は、秋を代表する色彩のある樹木ですよね。 特に、四季を色で見て感じることができる紅葉は、秋の季語として真っ先に思いつくのではないでしょうか。 赤く染まった葉を見る...

「狩野派とは何か?」 浄住寺 雲竜図より

  こんにちは。 八百万、目に見えないものまでにも「ありがとう」と思える和の心が、この星をいつも笑顔あふれる幸せな毎日にすると思っている葉室です。 今日はみなさんもご存知、方丈に置かれている狩野永岳の雲竜図について。 でも、その前に「狩野派とは何か?」 400年の歴史を歩んだ、巨大流派の秘密! それでは狩野派を紐解いていきましょう。       狩野派とは 狩野派と聞くと、まず金ピカ屏風や障壁画をイメージする人が多いのではないでしょうか。 確かに彼らの主な仕事は、御殿や寺院の障壁画を...

ありがとうございます。

  ありがとうございます。 今日は朝から素敵な方と熱い打合せ。 日本中の寺社仏閣で、とっても気のいい場所で、和の心・文化を学べる場をつくろうって。 そう、古よりの大切なものと、現代のお洒落なことを融合させて。 楽しく!楽しく! 世界にも広げていきますよ。 世界の方が早いかも・・・。 浄住寺からといろいろとしてきましたが、素晴らしい友が出来て嬉しいです。 素敵な誕生日プレゼントありがとうございます。   みなさまの街でもつくりましょうね。   今日もありがとうございます。 &nb...

夏の季語で俳句を作るときに入れたいもの

夏の季語で俳句を作るときに入れたいもの
夏の季語を思い浮かべると、どこに居ても暑いイメージがするのですが、俳句を詠んでいくにつれて涼しげで爽やかな雰囲気を感じさせてくれます。 俳句を作る時は夏の季語をいれますが、たくさんある中でどの言葉を持ってくるかを考えるのも楽しさではないでしょうか。 夏と聞いて思い出すものとは 夏の俳句を一句詠もうとする時、夏の季語を思い浮かべてから五七五に語句を組み合わせていきますよね。 俳句の季節の区切りは旧暦になりますので、現代の感覚に少しズレを感じることがあります。 旧暦では5月から7月までを夏と捉えていることから、「柏餅」も「こどもの日」も夏の季語になっています。 確かに、5月...

古風なものと聞いて思い浮かぶもの

古風なものと聞いて思い浮かぶもの
日本には古風なものがいろいろなところにあります。 子供の頃は、古風なものより新しい物を好む傾向がありましたが、年齢を重ねていくとどこか懐かしさを感じるものを求めるようになりますね。 癒しを感じる古風なものに惹かれますが、一番はじめに何を思い浮かべるのでしょうか。 言葉の意味だけをみると 古風という言葉の意味だけを辞書で調べると、古い習慣や考え方と出てきます。 古いと言われてしまうと、なんだか嫌な気持ちになる場合もありますが、すべてのものがマイナス的なイメージではありませんよね。 幻想的に思えたり和を感じたりと、言葉のとらえ方にも違いがあるような気がします。 その道を極...

日本の夏の工夫「水は涼しい」

こんにちは 八百万、目に見えないものまでにも「ありがとう」と思える和の心が、 この星をいつも笑顔あふれる幸せな毎日にすると信じている葉室です。 この国は昔から大自然からの恵みに対して感謝の気持ちをたくさん持っていました。 いつまでも大切にしないといけないですね。 暑い暑い夏も、気が付いたら秋がそこまで来てますね。 でも、いくつになっても暑い日は水遊びがしたくなります。 今日は、暑い夏の水工夫です。   日本の夏の工夫「水は涼しい」 水は目に涼しいばかりではありません。 目にも涼しいですね。   &nbs...

「う」は純情可憐な女の子にぴったりの音なのです。 

    こんにちは 八百万、目に見えないものまでにも「ありがとう」と思える和の心が、 この星をいつも笑顔あふれる幸せな毎日にすると信じている葉室です。 この国は昔から大自然からの恵みに対して感謝の気持ちをたくさん持っていました。 いつまでも大切にしないといけないですね。 今日は「う」のお話し。 やまとことばには、いくつかの特徴があります。 その一つが、ことばの1音1音ごとに意味が込められているということです。 「あ」は、明け方の光のように周囲を明るくします。 「い」は、生命の根本にかかわるものや神仏の関係するものが...

感謝の言葉を伝え合うことの大切さとは

感謝の言葉を伝え合うことの大切さとは
心では感謝しても、言葉で伝えることが苦手な人が多い世の中。 言葉に出さない代わりに、態度で察して欲しいと心の中で願っている人もいるのではないでしょうか。 シャイな性格の持ち主が多い国だからこそ、言わない美学を貫いてしまうとの考えもありますが、感謝とは一体どんな意味を持つのでしょう。 ありがとうの気持ち 感謝の言葉を辞書で調べると、ありがたい気持ちと書いてあります。 確かに、言葉にする時は「ありがとう」と伝えますよね。 伝えられた側の気持ちを考えると、嬉しい気分になるはずなのですが伝える側の口調や態度によっては不快に感じます。 感謝の言葉を伝えたのに、相手に気持ちが届か...

花言葉で感謝を伝えられる花の種類

花言葉で感謝を伝えられる花の種類
花にはたくさんの花言葉があります。 しかし、日本と海外での花言葉にはちょっとした違いもあり、実際はどの花言葉が適しているのか定かではありませんよね。 その国の文化や風潮を活かし、花に託したのが花言葉。 トルコが発祥ですが、日本に伝わったのが明治時代と言われています。 大切な人に贈る言葉を花に添えて 花を贈る時は、相手に気持ちを伝えるという意味で贈るケースがあります。 お祝い事や門出を祝した時に、花をプレゼントしますよね。 綺麗な色の花を意識しますが花言葉を理解して贈ると、より相手にも気持ちが伝わるのではないでしょうか。 花言葉に感謝の意味が込められている花を知る...

夏の風物詩と聞いて思い浮かぶもの

夏の風物詩と聞いて思い浮かぶもの
日本には春夏秋冬という四季があります。 暑い夏と言えば、日差しの強い窓に簾を吊るし、団扇を片手に扇風機の前で涼むという昔ならではの姿も、今ではあまり見掛けなくなった夏の風物詩ではないでしょうか。 団扇は涼むためのものではなかった 夏の風物詩のひとつと言われる団扇は、元々は涼むための道具ではなく、身分が高い人の顔を隠すための物として使われていました。 また、虫除け対策に使われていたとの説も残されています。 実際に今のような涼むための道具として認識され始めたのが、室町時代からとのことで長い歴史がありますね。 京団扇は伝統的な美しさ 細い骨組みから作られる京都の伝統工芸「京...

俳句 和歌 川柳 習いたい。

  こんにちは 八百万、目に見えないものまでにも「ありがとう」と思える和の心が、 この星をいつも笑顔あふれる幸せな毎日にすると信じている葉室です。 この国は昔から大自然からの恵みに対して感謝の気持ちをたくさん持っていました。 いつまでも大切にしないといけないですね。 今日は私が習いたい俳句、和歌、川柳について。 奥が深いですよね。   豊かさに心惹かれます 古くから日本人は 心情を短い文章にして書きあらわすことを好んできました。 奈良時代に編まれた 万葉集には貴族から庶民にいたるまで 広い階層の歌が集めら...

お盆の意味について詳しく知ってみよう

お盆の意味について詳しく知ってみよう
お盆の意味とは、仏様や御先祖様に感謝をしてお墓から自宅へと迎えに行き、おもてなしをすることを言います。 ご冥福をお祈りするという意味もあり、亡くなられた御先祖様を思い出す昔からの風習です。 お釈迦様が弟子の母を救った話から生まれたお盆の歴史 紀元前400年前に、お釈迦様の弟子だった目連の母が餓鬼道へと落ちてしまったことから始まります。 逆さに吊るされてしまった母を救おうと、お釈迦様の教えに従い母を供養して助けた日が7月15日だったそうです。 これが、お盆の始まりと言われています。 日本では606年から取り入れられるようになりました。 推古天皇を供養したのが始まりです。...
Translate »