Slider

和の徒然

「ありがとうボタン」何て素敵な発明なんでしょうか。

  「ありがとうボタン」何て素敵な発明なんでしょうか。 道を譲ってもらった感謝の気持ちを示そうとした、車にとりつけるシステム、小学生が考案。 本当に、何て素敵な発明なんでしょか。 http://www.sankei.com/reg…/news/160324/rgn1603240059-n1.html (東大阪ブランドより:http://goo.gl/JoN4Q3)     ...

宿本陣 蒲生

  私の大好きな杦田さんが素敵な和の宿をつくられました。 すばらしい! もちろん紹介させてください。 書は安田舞ちゃんなんですね。いいですね!   戦火を逃れて復活、素晴らしいことですね。   蒲生四丁目の地で。   なんと高級お部屋。太閤さんがお泊りされるみたい。   ゆったりとくつろげるのがいいですね。   天然石で造られた浴槽。温まりに行かなくては。   街の散策も楽しみ!   延々と続くそこに思いがたくさ...

Nakamura Daizaburo 中村大三郎 (1898-1947)

  Nakamura Daizaburo 中村大三郎 (1898-1947) Nakamura Daizaburô was a Nihonga painter who specialized in bijinga and served as an artistic director for Nikkatsu film studios, often using actresses from the studio as models for his paintings. The son of a Kyoto-based kimono dyer, he studied at th...

訪問着と付下げの違いは?

  今日、4月に京おどりを一緒に見に行く方から「付下げの着物でなくてもいい?」と聞かれました。 もちろん、京おどりを見に行くのにドレスコードはないですし、小紋や紬でも可愛いですよね。 で、改めて訪問着と付下げの違いはって思ったので、調べてみました。   <訪問着と付下げの違い> 訪問着と付下げはどのような違いがあるのでしょうか。 この質問を度々受けることがあります。 何となく、分かるような分からないような感じで着物を選んだりはしていませんか? ここでは、この2種類の着物について順を追いながら説明してみ...

鉄瓶の内部が錆びたのですがどうすればいいの?

  お客様からの質問で一番多いのが「鉄瓶の内部が錆びたのですがどうすればいいのでしょ?」という内容です。 これは数年使用している鉄瓶ですが、ご覧の通り中は赤くなり注ぎ口は白くなっています。 これは鉄瓶本来の姿なので気にせずそのままお使いください。 決して中をこすったりしないようお願いします。 この鉄瓶のように中が赤くなっていても沸かしたお湯が赤くなることはございません。 使い込めば込むほど美味しいお湯になりますよ。 ただし鉄瓶の中にお湯を入れっぱなしにしておくことのないようご注意下さいませ! (文・写真:南部鉄器 岩鋳:https://www.facebook.c...

大島紬を着たフィギュア女王

  素晴らしいですね。 大島紬がフィギュアの衣裳になるなんて。 想像できなかった! これからもいろいろな衣裳などになって、大島紬の良さが広がりますように。   <電通報より(文・写真)> 「伝統工芸×デザイン」をテーマに優れた日本のものづくりと電通のアートディレクターがコラボレーションして作品を制作し、新たな価値を世界発信するプロジェクト「Good JAPAN Innovation」。 第9回は着物の女王と呼ばれ世界三大織物にも数えられる鹿児島県・奄美大島の大島紬(つむぎ)と、2月20日に四大陸選手権で見事初優勝を果たしたばかりで全日本フィギュア2連覇中...

有斐斎弘道館 館長、濱崎加奈子さんに話を聞きました

  江戸時代、京都を代表する儒者・皆川淇園。 京都御所の西側に「弘道館」を開いたとされ、私立大学の先駆といわれる学問所でした。 二百余年を経て、今、同敷地に日本の伝統文化を学べる「有斐斎弘道館」があります。 その館長、濱崎加奈子さんに話を聞きました。   「有斐斎弘道館ではさまざまな伝統文化を、それらのつながりを意識しながらご紹介していますが、中でもお茶は、もともと生活の中にあって、体や心で感じとることが多い、いわば芸術。今の世の中は文字で書いたり、理論的に説明しないと納得してもらえないことが多いのですが、文字で書き表せないからこそ、芸術として伝えられている...

はまってます、伊藤若冲

    伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)は江戸時代中期の画家です。 正徳6年2月8日(1716年3月1日) - 寛政12年9月10日(1800年10月27日))は、近世日本の画家の一人。 江戸時代中期の京にて活躍した絵師。名は汝鈞(じょきん)、字は景和(けいわ)。 初めは春教(しゅんきょう)と号したという記事があるが、その使用例は見出されていない。 斗米庵(とべいあん)、米斗翁(べいとおう)とも号す。 写実と想像を巧みに融合させた「奇想の画家」として曾我蕭白、長沢芦雪と並び称せられる。 20代後半から絵を描き始め、初期は狩野派に学び、中国絵画の摸写を行いま...

淡路島 智積寺さんでの御朱印帳つくりのご案内

  【 お寺で御朱印帳つくり (要予約)】 思い出のある裂地やお好きな生地で御朱印帳をつくってみませんか デザインを迷ったりお話したりせずにただ黙々とつくるなら30分くらいでできあがります でも、せっかくですのでできたら、迷ったりお話したりしながらお寺でゆっくりお過ごしください 用意の都合がございますのでご希望の方は必ずご予約くださいますようにお願いいたします 智積寺HP http://chishakuji.wix.com/chishakuji 智積寺FB  https://www.facebook.com/智積寺-272984439500165 電話番号 0...

日本の“本物”に出会う「FIND JAPAN MARKET」

  日本の“本物”に出会う「FIND JAPAN MARKET」 東急プラザ銀座に3月31日オープン。 (T-SITEさんより:http://top.tsite.jp/news/lifetrend/i/27717340/?sc_int=tcore_news_recent)   日本の”本物”に出会いに行きましょう。 本物ってどんなものでしょうね。   「FIND JAPAN MARKET」は、世界に誇る日本の“本物”に出会えるゾーン。 東急プラザ銀座に3月31日オープン。 施設のコンセプトである「Creative Japan~世界は、ここか...

「ますらおぶり」と「たおやめぶり」とは。

  昨日載せた司馬遼太郎とドナルド・キーン氏の対談の中に出てくる、「ますらおぶり」と「たおやめぶり」。 学ばしていただきます。   四宮政治文化研究所さまのブログよりhttp://shinomiya-m.txt-nifty.com/diary/2015/01/post-8295.html   『萬葉集』とは「ますらをぶり」の歌集であると近世(江戸中期)國學者の賀茂真淵が主張した。 「ますらをぶり」とは、「男らしく」「日本男児らしく」といふほどの意で、「男性的で大らかな歌風」のことをいふ。 さらに、『古今和歌集』は以後の歌風を「たをやめぶり」(女...

一月の日本

  If you love Japan   January in Japan from Scott Gold on Vimeo. https://vimeo.com/87008050 (Japanzine Magazine)   忘れてた日本を感じるかも。 島国の日本。 四季のある日本。 南北に長い日本。 他には・・・? みんなで素敵な日本を楽しみましょうね。     ...
Translate »