今日は春節(旧正月)  梅の香りに誘われて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

【春はすぐそこ!】桜とは違う魅力、香りを楽しむ「梅見」はいかが?

 

まだまだ寒い日が続きますが、そろそろ梅の見ごろです。

桜と比べたら、わざわざ梅を見に行く人は少ないかもしれません。

しかし、梅には桜とは違った魅力があります。

 

桜と梅はどう違う?

桜の花びらは切れ込みのある舟形で、梅の花は切れ込みのない円形というのはよく知られているもの。

そのほかにも、桜と梅は枝振りと花のつき方が違います。

寒空に凛と咲く花。春に先駆け梅見はいかが?

スカッと晴れた冬空に向かって、まっすぐに伸びる枝と、枝に密着するようについた梅の花。

とても直線的で凛とした印象です。

寒空に凛と咲く花。春に先駆け梅見はいかが?

こちらの桜の枝振りと比べてみましょう。

枝は下の方に垂れ下がり、花は枝の先にぽわんぽわんとボール状についています。

梅と比べると、桜はふわふわとやわらかい印象を受けますね。

はかなさの代名詞となっている桜の花に比べて、梅の花の花期は長いのも特徴。

早咲き品種、遅咲き品種があるので、梅園を訪れる時期によって、違った花を楽しむことができるのも魅力です。

もうひとつ、梅の特徴といえば、その香り。

桜にもほのかな香りはありますが、梅ほど強く訴えかけてはきません。

澄み切った冬の空気の中に、バナナのような梅の甘い香りが漂ってくると、思わずハッとします。

6月になり、梅の実が熟せば、今度はモモのような甘酸っぱい香りを放ちます(香りに惹かれてかじってみると酸っぱいのでご注意!)。

同じ木なのに、ライフステージによって違った香りを発するのも興味深いものです。

 

紅白の色使い

梅には紅梅と白梅があります。

赤い花だけを咲かせる木と、白い花だけを咲かせる木がほとんどですが、中には一本の木の中に赤い花と白い花を咲かせるものも。

寒空に凛と咲く花。春に先駆け梅見はいかが?

枝ごとに色が違う木もあれば、

寒空に凛と咲く花。春に先駆け梅見はいかが?

一本の枝の中に赤い花と白い花、一輪の白い花の中に赤い花びらが混ざっている品種もあります。

見つけると、なんだかうれしい気分になるものです。

寒空に凛と咲く花。春に先駆け梅見はいかが?

近くの梅園に足を運んで、ひと足早い春を探しに行きましょう!

(文・写真:TABIJIN: http://tabizine.jp/)

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »