3月は弥生。ムスカリの花が可愛いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

今日から3月。

春がそこまでやって来てますね。

春がやってくる、うきうきしませんか?

 

弥生(やよい)という言葉の由来は、「草木がいよいよ生い茂る月」という意味の「木草(きくさ)弥(い)や生(お)ひ茂る月(づき)」が詰まって「やよい」になったという説が有力だそうです。

日本では、旧暦の3月のことを弥生とよんでおり、それが新暦になっても3月を表す名として使われています。

3月にはほかにも「花月(かげつ)」「嘉月(かげつ)」「花見月(はなみづき)」「夢見月(ゆめみづき)」などの異名があります。

 

写真は、ムスカリの花、別名グレープヒアシンス、花言葉「気品」。

まるで地面から這い出してきたようですね。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »