和の心 20150305 北斎

北斎の幻の肉筆画発見 100年ぶりに公開へ

 

 

江戸後期の浮世絵師、葛飾北斎の肉筆画で、100年以上も所在不明になっていた幻の図巻「隅田川両岸景色図巻」が見つかり、4日、東京都墨田区が報道陣に公開されました。

図巻は縦28.5センチ、長さ633.5センチ。

和の心 20150305 北斎2

(見つかった葛飾北斎の肉筆画「隅田川両岸景色図巻」の吾妻橋付近(東京都墨田区提供))

 

江戸の柳橋から両国橋、吾妻橋、吉原遊郭に至る隅田川両岸の風景と風俗が詳細に描かれ、巻末には北斎が用いた「画狂人」の印があります。

制作を依頼したのは戯作者の烏亭(うてい)焉馬(えんば)とみられ、焉馬の署名により、1805(文化2)年、北斎が46歳の頃の作と判明しています。

和の心 20150305 北斎3

見つかった葛飾北斎の肉筆画「隅田川両岸景色図巻」の三囲神社(右奥)と牛嶋神社付近(東京都墨田区提供)

 

1892(明治25)年に東京・上野で開かれた浮世絵展に出品後、海外に流出。

一部の専門家の間で北斎壮年期の肉筆画の傑作として知られていましたが、1902(明治35)年にフランスで競売にかけられた記録を最後に行方不明になっていました。

和の心 20150305 北斎4

(つかった葛飾北斎の肉筆画「隅田川両岸景色図巻」の三囲神社(右奥)と牛嶋神社付近(東京都墨田区提供)

 

鑑定を担当した北斎研究の第一人者、永田生慈(せいじ)さんは「陰影を用いた独特の風景描写は従来の作品に見られなかったもので、極めて注目される。隅田川両岸の風景を詳細に描いた北斎唯一の作品として貴重」とみています。

墨田区は近く、寄付金約1億4900万円を使って購入し、平成28年度に開館する「すみだ北斎美術館」で一般公開する予定。

(文:産経ニュース:http://www.sankei.com/life/news/150304/lif1503040032-n1.html)

 

どこにあったのでしょうね?

どこにも書いてないけど、まあいいか。

北斎美術館、来年のいつ公開なんでしょうね。

楽しみ!