芝居町の熱気も映した道頓堀

芝居町の熱気も映した道頓堀

 

 




かつて、道頓堀は日本のブロードウェーでした。

道頓堀五座と呼ばれた五件の劇場が立ち並び、連日、歌舞伎、上方喜劇、文楽・・・
さまざまな芝居が上映されていました。

 

 

 

 

画家の織田一磨、小林柯白には大正時代の夜の道頓堀を描いた絵があります。
そこには川面が大きく描かれ、船宿や芝居小屋など灯りが映し出されています。
時代の移り変わりを見つめてきた川面には、今、赤や青のネオンが揺れています。

江戸時代、江戸や京の歌舞伎俳優さんは、船で道頓堀川などを巡って大阪入りしていたそうです。
上方独特の船乗り込みという行事です。

しかし、道頓堀五座は、平成14年の浪花座の閉館ですべてなくなってしまいました。
現在、芝居小屋らしい雰囲気をとどめているのは、白亜の歌舞伎の殿堂「松竹座」と、今年三月、設置された「竹本座」跡を示す石碑とパネルぐらいです。

もう一度、道頓堀を昔ながらの文化の薫る町にしたいですね!