素敵な本の紹介 「Kimono Now」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

海外フリージャーナリストのManami Okazakiさんの書籍Kimono Now

着物文化の現在を感じる美しい書籍です。

和の心 20150528 きもの3

京都のナイトクラブ・東京の改良された家から、原宿通りのスタイリスト・ギャングシックさから都市の歩道、お祭り、アトリエと作業用通路から。

この本は、どのように着物が日本で最もエキサイティングなワードローブ要素のうちの1つであり続けたかを見せています。和の心 20150528 きもの2

和の心 20150528 きもの4

日本の向こう側では、女性たちは、着物を再発見しています。

快適で、多用途で、人の個人的なスタイルを反映するように容易に適応します。

和の心 20150528 きもの5

(私の着物の先生:三宅てる乃)

着物は完全なキャンバスであり、どれから、どのような機会のためにアンサンブルを作成するか。

現代の着物において、この伝統的な衣服の起源と発展を探究する間、マナミオカザキは、どのように一度の着物が日常生活から消えて、流行ステートメントとして再び現れたかだけを説明しています。

和の心 20150528 きもの6

 

和の心 20150528 きもの8

時代に沿った素敵なスタイルから、若いデザイナーは、進歩的で、ファンキーな、およびしばしば奇妙なツイストを持つ彼ら自身の絶妙な着物を作成しています。

さらに、本は、着物デザイナーの工房の中で、どのように布地が染色されて、織られて、刺しゅうされるかを取材しました。

和の心 20150528 きもの7和の心 20150528 きもの9

神を祝福するために都会人がすべてを停止させる祭り、フェスティバルへの旅行、そして、作業工程クボタイッチク、ミヤアンドウ、ジョンCederquist着物アーティスト 。

重要な産業数値〈衣類メーカーとファッションデザイナーを含む〉とのインタビューにより、どのように今日この伝統的なドレスが、その簡単で、エレガントな形および永遠の製造技法と関連しているかが明らかにされます。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »