両陛下が「打毬」の勝負を楽しまれました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

天皇、皇后両陛下は30日、安倍晋三首相ら現職と歴代の三権の長、閣僚約160人を皇居に招き、埒(らち)馬場で古式馬術を観覧されました。

両陛下の傘寿記念で行われ、「打毬(だきゅう)」と呼ばれる競技などが披露されました。

打毬は西洋のポロと同じ中央アジアに起源を持ち、中国で完成し、8~9世紀頃に日本に伝わったとされています。

宮内庁で馬車などを管理する車馬課主馬(しゅめ)班が、伝統文化の保存のため江戸期の様式を継承しています。

チーム対抗で馬を操り、先端に網のついた棒でゴルフボール大の球を拾い上げ、ゴールの穴へ先に12個投げ入れた方が勝利。

この日は同課職員8人が赤と白に分かれて2試合を行い、球が入るたびに両陛下は盛んに拍手を送られました。

観覧後に宮殿で開かれた茶会で、天皇陛下は「国民の幸せを願い、国と国民のために力を尽くしていきたい」とあいさつされました。

(文・写真:産経ニュース:http://www.sankei.com/life/news/150530/lif1505300034-n1.html)

和の心 20150531 打球2

打毬は現在、宮内庁と青森県八戸市の長者山新羅神社、山形県山形市にのみ伝承され、長者山新羅神社では騎馬ではない「徒打毬(かちだきゅう)」も行われているそうです。

和の心 20150531 打球3

 (写真:八戸の加賀美流騎馬打毬 :http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/55172990.html)

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »