和の心 神々とお祭り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

日本の神話は、神々の活躍をいきいきと伝えています。

そこには、神々の出現から国土の誕生、また人の世に繋がるまでの様子が豊かに描かれています。

私たちの祖先は、神々の恵みの中から生き方を学び、信仰の礎としてきました。

そして、古くからの伝承や歴史をふまえ、豊かに暮らす知恵を共同体の営みのなかに生かし、神々と共に生活してきました。

 

毎年同じ時期にお祭りが繰り返し行われ、私たちはその中で信仰や文化をかたちづくってきたのです。

お祭りとは、日本の伝統にもとづいて、神々に対する祖先のこころを今に伝える大切なかたちなのです。

 

「お祭り」と聞くと、行列や芸能、または屋台などが建ち並ぶ催しを思い浮かべるかもしれません。

ところが、お祭りというのは、実は神社の神さまの為に執り行う厳粛な儀式が中心なのです。

祭の儀式では、神饌(しんせん)(米を始め季節の作物)をお供えして、感謝や祈りの言葉でもある祝詞(のりと)を奏上して、神さまにお喜びいただくことが一番重要なことです。

華やかな行列や芸能、屋台などの催しは、神さまのために地域の人々が集まり、共に喜びを分かち合うところから生まれました。

 

全国の神社では、春には豊作を祈るお祭り、夏には作物の害虫除けや疫病除、秋には収穫に感謝するお祭り、冬には大祓いなど、他にも一年を通じて沢山のお祭り儀礼が行われています。

これらは地域の発展や平穏、人々の安全に繋がるみんなの祈りだと言えます。

(文:神社本庁)

 

日本の文化を伝える季節のお祭りは私たちの家庭や地域に更なる彩りを加えてくれます。

みなさんも、家庭のお祭りをはじめ、地域のお祭りに参加してみてはいかがでしょうか。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »