しぜんにめぐまれた国 (「にほんよいくに」の絵本より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ちきゅうは、ひろくて大きいので、いろんなところがあります。

あつくて、あつくて、あめのほとんどふらないところ。

のどがかわいて、たまりません。

さむくて、さむくて、いつまでたっても、ゆきがとけないところ。

つめたくて、こおってしまいそう。

みんなのすんでいる日本は、春、夏、秋、冬、よっつのきせつが、めぐっているところです。

じゅんばんにやってくる、きせつにあわせて、しぜんのなかまたちは、げんきにくらしている。

くさや、木のみどりに、かこまれていて、きれいな水も、わきでるところ。

いきものがあふれる、ほかにはめったにない、すてきな国。

だいすきな国。

(文:にほんよいくに(絵本))

 

日本のもと

日本の国がどうしてこんなに環境がいいのか?

それは、日本列島のあらわれ方、さらには地球の位置などのさまざまな神秘的な条件が重なったからだと思います。

今から約三万年以上前は、氷河期の地球はまだ寒くて、海の水面が今よりも100m以上低く、日本列島は大陸とくっついていて、北方からも南方からもたくさんの人が移動してきました。

ところが二万年くらい前になると地球が温暖化し、北極・南極の氷が溶け、海の水が増えて、現在のように日本は島になったのです。

日本列島に住んでいたいた人は、大陸と離れて住むようになったため、島の中で、いろんな民族の人が住んで混ざっていくうちに、いわゆる日本人の祖先である縄文人が出来たのだと思います。

 

自然のなかで

その縄文人が住んでいた日本列島は、大昔の地殻変動によって大陸から離れた陸地と、南方から移動してきた陸地とが、ぶつかりあって出来た狭い島です。

ぶつかりあったものだから、中央に山脈ができ、日本海側と太平洋側に向かってたくさんの川が流れています。

これが、日本にきれいな水が豊富にある大きな要因です。

大陸では、適度に山がないと川が生まれませんから、広大な平原が広がるアフリカ大陸のように水が不足する場所もあります。

また大陸の大きな山から下りてくる大きな川の流れは、非常に力があるため、治水も日本の小さな川のようにはいかず、周囲に水をひいて豊かな野原をつくることが難しい場合あもあります。

また、川だけではなく、日本に春夏秋冬の四季がはっきりしていることも重要です。

豊かな自然のなかで、季節に応じて山野や田畑、海からもたらされるたくさんの恵み。

くわえて四季の変化は、人の脳と体にいつもいい刺激を与え、それに順応して生きてゆくことで健康で長生きできるように、日本人の体はなってきたのです。

 (文:にほんよいくに:「おうちの方へ」より)

 

現在の日本がなんでこうなっているのか、それを知るには大昔のことから紐解いていかないとわからないですね。

何万年もの昔の地殻変動など自然の影響で今の日本があります。

自然豊かな、とっても素敵な日本が。

古の人たちはそんなすべての自然に感謝して暮らしていたのでしょうね。

ありがとうございます、って。

 

 

 

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »