素敵な紅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

「芸者の唇」、京都 ~ ジョディ コブによる写真。

芸者の唇の色は、紅花の花びらから作られます。

赤紅花色素由来の雅なる色合いは、何世紀もの間、日本人女性に支持されてきました。

それを小さな装飾された陶器から、筆で唇に。

サフラワー紅花 (紅花) として日本で知られています。

それ故に口紅を日本語の単語 kuchi 紅 (口紅、赤い唇) または「小町紅」、

小野小町 (おのの小町、825-900 c. c.)、 絶世の美人とは恋愛の数を持っていることのために知られている有名な和歌詩人。

少し紅を唇に置くとき、その人の唇に応じて、微妙に変わります。

何度か筆をおくことで、紅の赤みがましてきます。

どのように使用するかはこちらから–> https://www.youtube.com/watch?v=PeI9vKFDuf0

(文・写真:JUST LOVE JAPAN:https://www.facebook.com/pages/Just-Love-Japan

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »