書道教室 隷書のお稽古

8月27日(木)は、お盆休みで開催日を変更したお稽古が重なり、
和の素敵事務所ではほぼ同時間に3つのお稽古を開催しました。

まず、

瀬原篁冲先生の「書道教室」です。
私も受講しています。

街の書道教室ではたぶん楷書を中心に、
キレイな字を書くことを目的としてお稽古していると思いますが、
この書道教室は逆で、一番古い文字「篆書」からはじめています。
隷書、草書、行書、楷書と進んでいきます。
普通の教室とは逆ですね。

なぜそうしているのかというと、
文字本来が持っている字のおもしろさを感じ、
字を書くことの愉しさを味わうためです。

はまっています、とてもおもしろいです。
アートっぽい字が素敵で、何となく作品を作っている気にもなります。

今は生徒が二人で、ちょっと寂しいのですが、
マンツーマンのようなお稽古を愉しんでいます。

27日のお稽古は「隷書」です。
おおきな紙に「礼器碑」を臨書しています。

こちらが私ともう一人の生徒さんの書。

IMG_4522

ヘタなのはわかっていますが、
何となく雰囲気があるようなないような(笑)

この日は、先生がいろんな筆を持ってこられたので、
私は一番細くて長い筆で書いてみました。
これがとても難しい。
柔らかいので波磔がうまくいかなかったり・・・。
でもそれも愉しいのです。

先生が書くとこんなにいい字になります。

IMG_4526

IMG_4536

右が私の使った毛が細くて長い筆。
左が太くて短い筆。
凄いなぁ。

瀬原篁冲先生、精進します。