心の荷物をおろす場所 皆見元久さん著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

我欲に生きるのではなく、他力を認め、感謝して、自力を上げる。

今、一番必要なこは「感謝の心」

 

丹生川上神社下社 皆見宮司のご本です。

 

よく神社をご参拝の方に、こんな質問をします。

何故、日本には神社が多いのか?なぜ、八百万の神なのか?

多くの信仰が、なぜ存在するのか。

その答えは日本人は生きる本質として、感謝の対象を探してきたからです。

不平不満の対象を探せば、心の荷物はどんどん重くなり生き辛く、逆に感謝の対象を探せば、心の荷物がおりて自力が上がることを悟っていたのです。

(中略)

どの時代にも共通するのは、何ごとにも「感謝の心」で向き合うことです。

この本にも書きましたが、日本に昔のように神を敬い人を尊ぶ、神さまみたいな人が多くなってほしいと願っています。

 

本当にそうですね。

何事にも「感謝の心」、ありがとうございます!が大切ですね。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »