「日本は世界で最もオーソドックス(伝統的)なままでイノベーション(新機軸)がなかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ラグビーの第8回ワールドカップ(W杯)、日本の誰もがルールはわからずも果敢なる選手にくぎづけになり、興奮してテレビを見ていたのですはないですか。

選手のみなさん、本当にありがとうございました。

 

さて、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチが一年前に日本記者クラブでこのような発言をされていました。

長く低迷が続く日本ラグビーについて

「この30年で世界のラグビーは大きく変わっているのに、日本は世界で最もオーソドックス(伝統的)なままでイノベーション(新機軸)がなかった」と語られました。

日本の伝統社会にもあてはまるところがあるのでは。

 

もう一つ、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチの言葉を。

日本人の「勤勉性」を世界に冠たる長所と位置付け、強化の基盤に置いた。「われわれのトレーニング量は南アや豪州の選手には絶対に耐えられないが、日本人ならこなせる。アドバンテージとして使っていかないと」。

 

今だから、今こそ、伝統と革新の融合がとっても必要な時ではないでしょうか。

日本の素晴らしさを世界に見せるときがきていますね。

(写真:World Action:http://world-action.net/archives/21786

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »