吉田光華さん(乙女文楽)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

乙女文楽 吉田光華さん

大正時代の末期、今から約80年前に、女性が一人で一体の人形を遣うことを目的に考案されました。 一人遣いの人形芝居は、差し込みの法や片手人形の形式で、現在の三人遣い(文楽) となる以前から行われていましたが、大きさや形など今の文楽い近い人形を、 三人で遣うものを何とかして一人で遣えるようにしたいと、人形操作に工夫を加え、 一人でしかも少女が遣うことから、この一人遣いを「乙女文楽」と称しました。

 

 吉田光華

 

 吉田光華さん FB 乙女文楽 吉田光華 HP



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »