夢の国へ行ってきました~♪

ときめき☆平成歌舞伎 第24回

こんにちは。安積美香です。

11月は、毎年楽しみにしている永楽館歌舞伎!
今年は、大阪平成中村座も!
芝居小屋バンザーイっ!! と、ハ~イテ~ンショ~ン~↑↑↑

昨年に引き続き、今年も永楽館観劇レポです!
よろしければ昨年の記事も、ぜひどうぞ。

第4回 「現存する関西最古の芝居小屋。明治時代へタイムトリップ~☆」

◆観劇の前後のおたのしみ~♪

観劇レポの前に・・・
「出石」という街を、ご存じですか?
兵庫県の北部、但馬地方にあり出石藩の城下町です。
城跡の石垣や、武家屋敷跡など古い街並みが残っています。

名物は、出石蕎麦!
真っ白な出石焼の小皿に少しずつ盛られた蕎麦。
これが、出石蕎麦のスタイル。
皿そばしかない、シンプルなお店もあります。

お品書きには、
一人前(5皿) ○○○円
追加 ○○○円 
追加???
皿そばを20皿以上食べると、「そば通認定証」がもらえるので、
チャレンジャーで盛り上がっています!

わたくしは、ハシゴ派。
お店お店で、お蕎麦の味が違うので食べ比べを楽しんでいます!
今年も2軒。ハシゴしてきました~♪

soba

 1軒は、毎年立ち寄るお気に入りのお店。
もう1軒は、久しぶりに食べたくなったお店。
そして締めは、
毎年立ち寄る、喫茶店でぜんざい♪
食べ過ぎ???
年に一度なので、許して~!

 ◆よう、来んさったなぁ。

で、ようやく観劇レポです。
さっくり、簡単に・・・

今年の演目は
一、青雲の座
二、お目見得 口上
三、蜘蛛絲梓弦

chirashi

 

数年前から、「出石所縁の演目を!」ということで、
新作が書き下ろされました。

青雲の座。
「幕府に追われる桂小五郎が出石に身を隠していた」
という史実から生まれた作品です。
ところどころ、出石弁も飛び出してご当地ならでは!

「よう、来んさったなぁ」
一瞬で、客席がゆるみました。
方言。いいですよね。

恒例の口上は、永楽館仕様。
何が永楽館仕様かというと、長い!!! 3分間スピーチ!
出石観光大使? の壱太郎さん。
今年も「玄さん」「こうちゃん」PR!

永楽館2回目の鴈治郎さんは、
出石では壱太郎さんの知名度がはるかに高い自虐ネタ。
笑い満載の、楽しい口上でした。

そして、舞踊「蜘蛛絲梓弦」。
今年は、とっても良い席をいただきました。
永楽館は、小さな小屋なので、
2階席の一番後ろでも、舞台が手に届きそうな近さなんです。
それが、前方のお席は
「近っ!」「大っきぃ!!」

蜘蛛絲梓弦という舞踊は、
蜘蛛の精がいろんな人間に化けて、
時の権力者を殺してしまおうというもので
愛之助さんが、蜘蛛の精はじめ5つの役に変化します。

後半は、蜘蛛の精が糸を吐いて盛り上がります!
大きな劇場の場合、舞台が糸まみれになるのですが、
永楽館は、客席まで糸が飛んできました!

お客さん、糸まみれ~~~。
わたくしの目の前まで糸が飛んできて、
生の舞台の、3D体験☆
大興奮で、幕です。

eirakukan

 

今年は、昨年よりも公演数が2回増えました。
出石の街も活気づいて芝居小屋の中も外も夢の国♪

ひとりでも多く、夢の国で夢が見られますように~☆

◆◆◆ 今、観たい! もうすぐ観られる!! 公演情報 ◆◆◆

■11月
【南座:京都】
當る申歳 吉例顔見世興行 11/30(月)~12/26(土)
チケット発売中:http://www.kabuki-bito.jp/ticket.html

■12月
【歌舞伎座:東京】
十二月大歌舞伎 12/2(水)~26(土)
チケット発売中:http://www.kabuki-bito.jp/ticket.html

【国立劇場:東京】
12月歌舞伎公演 12/3(木)~26(土)
チケット発売中:http://ticket.ntj.jac.go.jp/

安積さんPF

この記事に関しての感想、苦言、ご指摘、ご要望は、「和の素敵」へご連絡ください。

info@wanosuteki.jp