和の心 20160107 若菜摘

「君がため 春の野に出でて 若菜つむ  我が衣手に 雪は降りつつ」 光孝天皇 

 

今日は七日正月。

五節句の一つ「七草の節句」。

この日には七草粥を食べて無病息災を祈る習わしがあります。

「七草」とは「春の七草」のことで「若菜(わかな)」ともいいます。

 

 「君がため 春の野に出でて 若菜つむ  我が衣手に 雪は降りつつ」 
                                      光孝天皇

(今日は七草 あなたのために 若菜を摘みに来ました 早春の野雪が 
私の袖の上で 楽しそうに遊んでいます 今年も お健やかで ありますように)
                                現代語訳:千絵崇石

 

一月七日は「七日正月」と呼ばれ、また五節句の最初「人日(じんじつ)」「七草の節句」にもあたり、「七草粥」を食べるのが習わし。

ところが「春の七草」は芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座、薺(なずな)、蘿蔔(すずしろ)で新暦の今日ではまだ育っていないそうです。

「若菜摘」などとても不可能なことで、スーパーや八百屋で促成栽培したものを買うしかないですね。

ちょっと残念!