日本の文化は、「みぎわ」の文化  「和の心」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

日本の文化は、「みぎわ」の文化です。

みぎわとは水際(みぎわ)、つまり陸地でもなし、水面でもなしという、水際すれすれのところに美しさを認めてきたのです。

時刻でいうならば、日暮れときの「黄昏(たそがれ)(誰(た)そ彼(かれ)=日が沈み、人の見分けがつかない時分の意味)」や夜明け前の「かわたれ(彼(か)は誰(だれ)=薄暗くて、彼は誰かはっきりわからない時分の意味)を喜びます。

暮れるでもなし、暮れないでもなしという時間を好むのです。

また、食べ物でも、極端に甘いものや辛いものよりも甘辛いものを好みます。

つまり、極端なものを嫌い、微妙な潮目を喜ぶのです。

日本人は極端なものを「いみじきもの」と表現しました。

「古事記」には、イザナギノミコト様が「筑紫の日向の橘の小門(おど)の阿波岐原(あわぎはら)」という所で禊をされる場面がありますが、そのとき、「上(かみ)つ瀬は瀬速し(川上は流れが速い)、下つ瀬は瀬弱し(川下は流れが遅い)」

とおっしゃって、中つ瀬にお入りになります。

つまり極端なことを避け、中程をよしとされたというわけです。

両方の均衡をとり、「ちょうど」の加減を大事にする。

それが日本文化の特質の一つです。

どちらか一方に片寄らず、中庸を好むという特徴はいたるところに見られます。

たとえば、日本の文化は「雅(みやび)」と「鄙(ひなび)」の両方の文化をうまく取り入れています。

「雅」は「宮び」が語源で、宮廷風の洗練された様子を表し、対する「鄙」は田舎の風情をいいます。

たとえば茶道では、足利将軍時代は、きらびやかな唐物[中国や韓国の舶来品)が珍重されていましたが、室町中期になると「わび茶」の創始者とされる村田珠光や、彼に続く千利休の茶風が好まれるようになります。

そして、茅葺で粗い土壁の田舎風の茶室と真っ黒な楽茶碗でもてなす。

鄙びた茶へと変貌を遂げます。

しかし、同時に唐物も大切にされており、まさに「雅」と「鄙」が入り混じって完成したのが「ワビ」「サビ」のお茶なのです。

宮中の女官さんの髪型「おすべらかし」も同じです。

これは近世、女官が町娘の髪型である島田髷にあこがれて、宮中に取り入れたものです。

こんなふうに雅の世界では鄙にあこがれ、鄙の世界では雅にあこがれるというように、双方が交錯します。

日本の文化は、異なる文化の妙を巧みに組み合わせた、多様性に富んだものなのです。

(文:神様にほめられる生き方:元春日大社権宮司 岡本彰夫著)

 

極端なことは駄目、避けなければ。

中程をよしとしよう。

どちらか一方に片寄らず、調和させることが大切なんですね。

簡単そうで難しいこと。

現代は、どちらか一方でなければ自主性がないとか言われてしまいますが、そうではなく、古来より、片寄らず調和させるとこを大切としてきました。

学びが多いですね。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »