日本の伝統的工芸品を世界最大級の消費財見本市でPRします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

本年2月12日(金)~16日(火)にドイツ・フランクフルトで開催される世界最大級の消費財見本市「アンビエンテ2016」に日本各地の伝統的工芸品が出展します。

これを通じ、100年以上の歴史を有し、日本特有の風土の中で培われた究極の技と美を備えた伝統的工芸品の魅力を世界に発信します。

「アンビエンテ」は毎年2月に開催されている世界最大級のBtoB消費財見本市です。

昨今では、伝統にとらわれず、デザイン性、品質など、世界の求める要素を取り入れた伝統的工芸品も登場し、現代生活に彩りを添えています。

そうした新しい潮流を汲んだ伝統的工芸品を「DENSAN」ブランドとしてアンビエンテで広く世界に訴求し、多様な文化の中で取り入れられることを目指しています。

経済産業省の支援を得て、一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会が出展し、「現代生活の中で活きるDENSAN~究極の手仕事~」をテ-マに、日本各地の14事業者の作品を紹介します。

ユネスコの無形文化遺産でもある「和食」の文化と風景の中で活きる日本の伝統的工芸品の良さをPRし、出展企業の海外市場獲得・ビジネス化につなげます。

(文・写真:経済産業省:http://www.meti.go.jp/press/2015/02/20160201003/20160201003.html

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »