和の心 20160206 海寶寺2

伊藤若沖と御朱印を楽しもう!煎茶席付 By海寶寺 3月5日土曜日 13時

 

京都・伏見の桃山町正宗にある海寶寺(かいほうじ)。

伊達政宗屋敷跡に開かれ、今年生誕300年を迎える伊藤若冲の絵師引退の舞台と伝わる「筆投げの間」方丈を擁します。

そんな海寶寺で、ご住職の法話や本堂内の拝観のほか、朱印アドバイザーの西村由美子さんと「筆投げの間」にて御朱印帳作りを体験していただきます。

材料はこちらで用意いたします。

お好みの生地をお持ちいただく事も可能です

出来上がった御朱印帳には、このイベント限定の御朱印をいただく事ができます。(御朱印代別途500円)

さらに、黄檗僧であり煎茶道の家元・大田和史博和尚の煎茶席の体験付き

抹茶を使った茶道の体験ができるところはたくさんありますが、煎茶の体験ができるところはまだ少ないのが現状です。

この機会に貴重な煎茶の体験をしてみませんか?

また海寶寺は普茶料理(精進料理)を僧侶だけでなく一般の方にはじめて広めた寺院。

ご希望の方は昼食として普茶料理を楽しむことが出来ます(別料金)。

伊達政宗・伊藤若沖の史跡を感じながら、この日にしかできない御朱印帳つくりと煎茶でまったりとお過ごしください。


【内容】

・伊達政宗・伊藤若沖ゆかりの寺・海寶寺の特別拝観と法話 

  講師:荒木将旭(海寶寺住職)

     http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/omoshiro/kentei06_01.php

・御朱印帳手作り体験(海寶寺特別御朱印希望の方:別途500円)

  講師:西村由美子(ライター&御朱印アドバイザー)

     http://ameblo.jp/yumimi-kyoto/

・茶室にて煎茶席(お菓子付)

  講師:大田和史博(煎茶道家元・慈恩寺住職)

              http://zuihouan.kyoto.jp/

・普茶料理(希望者のみ、別途5000円)

  昼食として普茶料理のコースをご用意いたします。

  先着20名です。2月29日までに申し込みくださいませ


【日時】 2016年3月5日土曜日

【時間】 13時から(約4時間)

   ※普茶料理(昼食付)の方は10時半から

【場所】 海寶寺

     京都市伏見区桃山町正宗20

     JR奈良線「JR藤森」、京阪「墨染」、近鉄「丹波橋」各徒歩約10分

【定員】 24名

     (普茶料理:希望者のみ先着20名)


参加費 5000円(材料費含む)

    普茶料理希望の方は別途5000円

 ※御朱印は別途500円必要です。

 

お申し込みはこちらから

https://www.facebook.com/events/704039533060915/