表 博耀さん  日本文化伝統産業近代化促進協議会会長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

表 博耀さんが考えるネオジャパネスクとは。

古来より我が国は、多くの文化を諸外国から吸収し、それを独自の文化へと昇華させ、世界に認知される日本文化として完成させてきた歴史を持つ。

しかし、日本の伝統文化が衰退を見せている昨今、目に見える日本独特の伝統美と伝統技術、目に見えないそれらの奥に秘められた精神性をも失われようとしている。

日本文化とは、衣・食・住など、日本の気候風土が数千年にかけて生み出してきた「日本的な生活そのもの」である。

その一方には、芸術まで発展した華道や茶道などがあり、他方には生活を物質面から支える伝統産業が存在する。

第二次世界大戦後、ライフスタイルの変化に伴い、そうした日本文化は急速に失われている。

国際化時代の到来と言われて久しい現在、日本は世界の文化を吸収することのみに終始するべきではない。

わが国の伝統文化(伝統技術・伝統美・精神性)を、世界の人々や文化、または生活にふさわしい形に再提言していくこと、それが世界における日本の役割だと考える。

各国の生活文化に国境がなくなりつつある現代に於いて、守り伝えるべきものを今日的なデザインや機能を取り入れて、現代生活にふさわしいように進化させ、全世界へ発信し、文化的な貢献を国際的に行うことで、私たち、日本人のアイデンティティーの確立を促したい。

「温故創新」、「古であり新しい」を概念に我が国の伝統からなる新日本文化を創造し、「文化立国」の実現と人類の生活向上を目指して、世界に貢献する文化創造活動が、NEO JAPANESQUEである。

 

 NEO JAPANESQUE HP 

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »