和の心 20151214 日本人にとって

日本人にとって聖なるものとは何か  上野誠著

 

一神教とは異なり、日本人にとって神は絶対的な存在ではない。

山岳や森林をはじめ、あらゆる事物が今なお崇拝の対象となり得る。

遠くさかのぼれば、「古事記」に登場する神々は、恋をするばかりか嫉妬もし、時に寂しがり、罪さえも犯す。

独特の宗教観や自然観はどう形成され、現代にまで影響を及ぼしているか。

「カムナビ」「ミモロ」などのキーワードを手がかりに記紀万葉の世界に分け入り、古代の人々の心性に迫る。

(文:「日本人にとって聖なるものとは何か」序文より)

 

古代人の心の中を知りたいですね。

楽しみな一冊です。