神倉神社

春告げる「火の滝 下り竜」 和歌山・新宮「お燈まつり」

 

先日、熊野速玉大社へ参拝へ行った時、神倉神社を見上げながら近いうちにお参りに行きたいと思っていたら、火祭が・・・。

残念、行きたかった。

約1400年前から伝わる勇壮な火祭り「お燈(とう)まつり」が6日夜、和歌山県新宮市の熊野速玉大社の摂社・神倉神社で行われ、白装束姿で腰に荒縄を巻いた「上(あが)り子」と呼ばれる男たちが赤々と燃えさかるたいまつを手に、538段の急な石段を駆け下りました。

 

神倉神社のことはこちらから:http://www.ioctv.zaq.ne.jp/hatirobe/kamikura.html

(写真:和歌山県情報館より:http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/050100/rinsyo/h19/19082401.html