父母はわが家の神、わが神と心つくしていつけ人の子  (和の心)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

父母はわが家の神、わが神と心つくしていつけ人の子

(本居宣長・玉鉾百首)

 

わが家の今日あるは、その初め、父母が、私共を生んでくれたお蔭による。

その意味で、実際の人生に於ては、自分を生んでくれた父母を、最も身近かな我が家の守り神として大切にすべきである。

更にその祖父、高祖父、曾祖父と遡っていけば、遠い自分の祖先を最も身近な神の一つとして、真心を尽くして、大切にお仕え申すべきである。

遠い神を大切にするのはよいが、現実の最も身近な父母を、我が家の守り神として、大切にすることが、神まつりの第一歩であると教えたものである。

 

玉鉾百首は天明六年(1786)に成り、翌七年に刊行されました。

玉鉾とは道の枕詞で、神道の心を百首にまとめて詠んだものです。

 

当りまえのことが当りまえでなくなってしまってる現代。

先ずは親孝行、親は子供を大切に。

当りまえのことを当たりまえに。

 

 

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »