和の心 20160506 安積さん文楽

お芝居の地へ 妹背山婦女庭訓【前編】

 

ときめき☆平成歌舞伎、第31回

歌舞伎の楽しみは観劇だけじゃない! 其の四

お芝居の地へ 妹背山婦女庭訓【前編】

 

こんにちは。安積美香です。

風薫る5月。気持ちよい季節ですね。

ゴールデンウィークは、いかがでしたか?

わたくしは、近場をあちこち。うろうろ。

海へ、山へ、日本文化も! 楽しんできました♪

 

◆お芝居の地へ☆

 

ところで、歌舞伎は?

今年は、関西での歌舞伎公演が少なくて。。。

劇場に行けな~い。つまんな~~~い。

 

・・・・・・どうする、安積さん?

 

劇場がダメなら、劇場の外にも歌舞伎はあるじゃない!

と、行ってきました☆

 

国立文楽劇場での4月文楽公演は、

「妹背山女庭訓(いもせやまおんなていきん)」。

第一部、第二部の通し公演でした。

 

歌舞伎では、通しで上演されることはなかなかないのですが

見取り狂言で、上演されます。

(見取り狂言=人気のある場面だけを上演)

 

時代は、奈良時代。

あの「大化の改新」のお話です!

中大兄皇子が中臣鎌足と

権力を握る蘇我蝦夷、入鹿親子を暗殺し、天皇家が政治を取り戻した。

こんな感じでしょうか?

 

これに、奈良の伝説をうま~く組み合わせて

若い男女。家族の物語が美しく悲しく描かれているんです。

 

そんな、物語の舞台を訪ねてみました。

 

◆妹山背山

 

これは、4月文楽公演のちらし。

A

「妹山背山の段」の舞台写真です。

歌舞伎公演も同じような舞台が作られます。

真ん中に流れる川は、吉野川。

舞台上手は、久我之助の屋敷。

下手は雛鳥の屋敷。

 

ふたつの家は、領地を争う敵。

それと知らずに出会ってしまった久我之助と雛鳥。

それが、入鹿の知るところとなり、両家に謀反の疑いが!

久我之助と雛鳥の運命は・・・

 

この景色を見てみたくて!!

行ってきました、奈良県吉野上市へ。

 

じゃ~~~ん!

 

和の心 20160507 安積さん2

 

ホントにあった~♪

舞台と同じ!!

 

吉野川を挟んで、右手が背山(兄山とも)。

左手に妹山。

お芝居では、川を挟んで会話をしますが

けっこう大きな川ですよ!

 

妹山は、低い山ですが入山できません。

平安時代から規制されていて、原生林として保護されているそうです。

ふもとには、大名持神社がありました。

  和の心 20160507 安積さん3

舞台のような桜満開の景色は、望めませんでしたが、

大名持神社の名残桜。

雛鳥ちゃんを偲ぶには、ちょうどよいかしら…。

 

◆采女猿沢の池入水伝説

 

天智天皇の后、采女。

采女の父、藤原鎌足は蘇我蝦夷の圧力で蟄居中。

采女は、蝦夷の黒い影から逃れるため、

猿沢の池へ入水し自ら命を絶ったことにして身を隠します。

采女入水の話を聞いた盲目の病の天智天皇は、

悲しみ、人目を忍んで猿沢の池を訪れます。

 

猿沢の池は、多くの方が訪れたことがあるのではないでしょうか?

わたくしは、小学校の修学旅行にはじまり

数えきれないほど。

 

和の心 20160507 安積さん4

 

どこから写真を撮っても絵になりますよね☆

 

このお芝居は、

「采女猿沢の池入水伝説」が下敷きになっています。

 

帝(葛城王)に仕えていた美しい采女(春姫)は、

寵愛を受けますが、いつしか帝の訪れがなくなり

悲しみのあまり、猿沢の池に入水した。

という伝説。

 

和の心 20160507 安積さん6

 

猿沢の池の東岸に采女地蔵と、采女が衣を掛けたといわれる柳の木があります。

その対岸には、池に背を向けた采女神社。

写真の対岸に小さくオレンジ色に見えるのが、采女神社です。

 

お芝居では、

天智天皇の病も治り、采女は無事に后へ戻ります☆

 

最初は、歌舞伎でよく上演される部分だけを

訪ねるつもりだったのですが、

文楽の通し狂言を見たら、あちこち気になって…

1回では、書ききれなくなっちゃいました。すいません。

後編に続く~~~です☆

 

◆七月大歌舞伎観劇ツアーのご案内

ときめき☆平成歌舞伎 スピンオフ企画

第3回 観劇ツアー

みんなで七月大歌舞伎を観に行きましょう~☆

 

の開催が決定しました!!!(パチパチパチ~♪)

 

7月16日(土)の夜の部です。

  和の心 20160507 安積さん7

「中村芝雀改め 中村雀右衛門襲名披露興行」

幹部俳優さんがずら~っと舞台に並び、

襲名のお祝いを述べる「口上」のある、夜の部を選んでみました。

 

今回も、観劇前の「ぷち☆みどころ案内」、

観劇後のお食事会も計画しています。

 

普段の歌舞伎公演とは、少し違った華やかな公演です。

ぜひ、一緒に観劇いたしましょう!

 

一次締め切り:5/20(チケット代金振込完了)

 

【料金】

一等席:¥18,000-

二等席:¥10,000-

三等席:¥6,000-

手数料:各¥300-

お好きな席をお選びください。

 

ツアー参加ご希望の方は、Facebookの参加ボタンか

下記メールでお問い合わせください。

info@wanosuteki.jp

振込先をご連絡いたします。

 

ぜひぜひ、ご参加ください☆

 

◆ 今、観たい! もうすぐ観られる!! 公演情報 ◆

 

■5月

【歌舞伎座:東京】

團菊祭五月大歌舞伎 5/2(月)~26(木)

チケット発売中:http://www.kabuki-bito.jp/ticket.html

■6月

【歌舞伎座:東京】

六月大歌舞伎 6/2(木)~26(日)

チケット5/12発売:http://www.kabuki-bito.jp/ticket.html

【渋谷・コクーン歌舞伎:東京】

第十五弾 四谷怪談 6/6(月)~29(水)

チケット発売中:http://www.kabuki-bito.jp/ticket.html

【国立劇場:東京】

6月歌舞伎鑑賞教室 6/2(木)~24(金)

チケット5/7発売:http://ticket.ntj.jac.go.jp/

【博多座:福岡】

六月博多座大歌舞伎 6/2(木)~26(日)

チケット発売中:http://www.kabuki-bito.jp/ticket.html

  安積さんPF

この記事に関しての感想、苦言、ご指摘、ご要望は、

「和の心」へご連絡下さい。

info@wanosuteki.jp