禅語「莫妄想(まくもうそう)」 とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

昨日、薬師寺の山田管主さまに、一筆いただきました。

禅語で「莫妄想(まくもうそう)」、妄想するなかれという意味です。

ありがたいお言葉に感謝!

 

禅語ってなんでしょうね?

HUFFPOST LIFESTYLE JAPANにこのように書いてありました。(http://www.huffingtonpost.jp/news/japan-lifestyle

「禅語」とは禅のことば、禅宗の文献に記述された辞のこと。

禅とは何かを知り、その教えを理解し、行うことは到底たやすいことではありません。

ですが、禅は私たちが生きていくうえで大切なヒントを与えてくれます。

禅の教えや悟りの境地が短い語句に凝縮された「禅語」。

シンプルで幸せな毎日を送るために心の片隅に留めておきたい禅のことばです。

 

さて、「莫妄想」とはどういう意味でしょうか。

まく」とは、なかれ・・・のことで、禁止の意味を表わします。

妄想もうぞう」とは、一般的には実体のない虚妄こもう想念そうねんのことで、色気、食い気、欲気などの邪念、空想、迷心を意味しますが、禅ではもう少し深く考えます。

私たちは、常に、生死、善悪、是非、勝敗など、二つの相対する概念を作り出し、その一方に執して苦しみ、迷うのですが、この二つに分けて見る相対的な分別心そのものが、すでに妄想というのです。

故に莫妄想とは、生死、善悪、是非になり切ってやって行け!というわけです。

かれ”という消極的な言葉に反して、より積極的に、生死、是非、善悪、勝敗などにこだわることなく、全身全霊を挙して一心不乱にやり貫けというのです。

「よく学び、よく遊ぶ」といいますが、勉強のときは勉強一途に、遊ぶときはただ遊ぶだけ、そのものになり切っていくことです。

お互い、私たちはあまりにらわれることが多くて、なかなか一途いちずというわけにはいきません。

金、地位、名誉、立場、主義等々への妄想を断ち切って、自由自在に生きたいものです。

莫妄想! 莫妄想! 莫妄想にこだわればまた、これ妄想です。

(文:臨黄ネットさんより:http://rinnou.net/cont_04/zengo/100501.html

 

妄想するなといわれても、妄想してしまいますね。

あれやこれやと、良い方に想うならまだいいのですが、人間どうしても悪い方に妄想してしまうのではないでしょうか。

いろいろ考えてもしょうがないですよね。

なるがままに、お導きのままに、と、できたらいいですが、一番難しいこと。

かたよらない、こだわらない、とらわれない、まるくまるく生きていけたらいいですね。

日々、精進して参ります。

 

 

 

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »