和の心 20160804 本2

ジョージタウン大学教授・ケビン・M・ドーク著 「日本人が気付かない世界一素晴らしい国・日本」

 

「日本人が気付かない世界一素晴らしい国・日本」のまえがきより。

 

私が日本研究に本格的に取り組んだころから、旧ソ連の崩壊、中国の台頭など世界の政治的経済的環境は激しく動いてきました。

そうしたなかで、これから日本の果たすべき役割はますます大きなものになってくると私は考えております。

もしかしたら、日本の皆様はそんなふうに考えておられないかもしれませんが、決してそうではないと思います。

世界のなかで日本の存在はじつに大きなものになってくるはずです。

本書では、日本人自身が気付いていない日本の「素顔」や「実力」といったものの一端に触れたつもりです。

本書が、日本の皆様に少しでもお役にたつことがあるならば、著者としてこれに勝る喜びはありません。

 

そろそろ日本人が気付かないといけないですね。

笑顔あふれる幸せな世界になるために!