日本の七十二候「半夏生」(はんげしょう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本の七十二候「半夏生」(はんげしょう)

今日は半夏生は今日、7月2日。

半分の夏に生れる?

どう意味?どういう日?って思いませんか。

 

梅雨の終わりを知らせる言葉です。

稲作が中心だったかつての日本においては、とても重要で大切な日でした。

夏至の日から数えて11日目、その他ら数えて5日間をいいます。

農家にとって半夏生は畑仕事や田植えを終わらす時期となります。

また、半夏生に採れる野菜は毒気を含むといわれていて、農作業を休むようにいわれてきました。

 

半化粧?

「半夏」とは「烏柄杓」(からすびしゃく)の異名で、この時期に生え出すといいます。

先が細長くのびた袋のような花を烏の柄杓に見立てて「烏柄杓」と呼ぶようになりました。

毒草ということですが、根を乾燥させて漢方薬にするそうです。

また、別の説もあります。

それは半夏生の花が咲く時期だからです。

半夏とはまったく違う植物で、別名「片白草(かたしろくさ)」と言われ、毒草です。

この片白草、7月初旬から花を咲かせ、葉の数枚の一部、しかも表側だけが白くなります。

それが半分だけ化粧してるように見えるので半化粧!

半化粧が半夏生になったとか。

私はこの説が大好きです。

なんて日本は楽しいのでしょうか。

いいですねー!

 

 

いずれにしても、一年のちょうど半分にあたる時期です。

立ち止まって、目標を見直すのもいいかもしれませんね。

 

他の記事:半夏生 妖怪ハンゲが出てくるぞ!

旧文:2013.07.02再編

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »