「カモ」という名をもつ氏族は、日本古代史を語るうえで重要なキーワードです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

大国主命の娘、下照比売(シタテルヒメ)と結婚した天岩日子(アメノワカヒコ)、高木神(タカギノカミ、高御産巣日神のこと)が放った矢で胸を射抜かれて死んでしまいます。

国譲りのお話から少しづれます。

天岩日子の葬儀の時の箏です。
下照比売の兄である阿遅鉏高日子根神(アジスキタカヒコネノカミ)が葬儀に訪れます。
この阿遅鉏高日子根神、天岩日子にそっくり。
天岩日子の父神の天津国玉神や下照比売は天岩日子と間違えてしまいます。

 

和の心 高鴨神社

この阿遅鉏高日子根神、あまりなじみのない神さまかもしれませんが、実に多くの神社に祀られているのです。

阿遅鉏高日子根神の別名は「迦毛大御神(カモノオオミカミ)といいます。

この「カモ」という名をもつ氏族は、日本古代史を語るうえで重要なキーワードです。

「加毛」とも「鴨」とも「可茂」とも書くカモ氏は古代日本の一代氏族。
阿遅鉏高日子根神が祀られている奈良県御所市の高鴨神社は、同社によれば、「全国鴨社の総本営」であり、弥生時代中期前より祭祀を行っていた日本最古の神社のひとつです。

大神神社と同格に列せられてもいました。

そもそも阿遅鉏高日子根神の別名「迦毛大御神」からして、最上級の敬意が込められた名前です。

「大御神」と記されているのは古事記では、天照大御神と伊邪那岐大御神、そして迦毛大御神だけなのです。

「カモ」のつく神社としては京都の上賀茂神社、下鴨神社が有名。
京都を流れる鴨川、その名は上流が賀茂氏の本拠地であったことから名づけられたものといわれます。

古代における賀茂氏の影響力の大きさを物語ってるみたいですね。

和自身、最近、カモ氏との関係がおおいので、謎の多い神話、そして賀茂氏ですが、とても興味があり脱線してしまいました。
時間の時に、賀茂氏をもっと学んでみます。
(写真:高鴨神社)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »