誰もが知ってる場所の、誰も知らない世界『春日参詣記』02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

二の鳥居祓戸社。

春日大社二の鳥居付近に鎮座する、祓戸神社。
祭神は瀬織津姫で、春日大社への参詣前に身を浄めるため、あらゆるケガレを祓ってくださるお役目を担っていらっしゃいます。

氷をつくる神を祀る氷室神社は、東大寺参道の脇に鎮座しています。
ですが元々は、この祓戸神社の地に位置していたそうです。
それは、春日大社創建以前のこと。
なので、氷室神社は元春日社などとも呼ばれていたそう。

氷をつくる、あるいは貯蔵する氷の「ムロ」らしき遺構は、祓戸神社の北方から発見されているそうです。
写真左脇の小路から北へ歩くと、右手にその箇所が見えてきます。
そして、引き続き小路を行くと見えてくるのが、水谷(みずや)神社。
(続く)

 

記事担当 山口隆太 京都で煎茶道に学ぶ「お煎茶メタラー」。 Metalから仏教にハマって以来、有名寺社の特別公開や、僧侶の活動に携わり続ける。 人間の存在意義が問われるこれからの時代に備えるべく、日本文化や神仏が教える心を、煎茶道などの文化遺産を活用しながら伝えている。 MAIL: yasseyaseyase@gmail.com WEB: http://yasseyaseyase.wixsite.com/kurogane



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »