誰もが知ってる場所の、誰も知らない世界『春日参詣記』05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

鶯瀧歓喜天。

興福寺別院・歓禅院到着前の、鶯瀧。
付近は紅葉の隠れた名所でもあり、世界中から紅葉狩りに訪れた人々もちらほらと。
この鶯瀧が冠された歓喜天が、歓禅院に祀られていたそうです。

歓喜天は強大な力を秘めた仏さんで、「聖天」とも称されています。
厨子内に安置された秘仏であることも多く、観光寺院に祀られていながらも目立たないようにされているのがほとんど。

ちなみに、三宝荒神や十一面観音菩薩との関係が言われている仏さんでもあります。
南円堂不空羂索観音菩薩、一言観音、春日大社、氷室神社…。
点と点が結ばれて、鶯瀧歓喜天もそのなかに含まれていくのでしょうか。
(続く)

記事担当 山口隆太 京都で煎茶道に学ぶ「お煎茶メタラー」。 Metalから仏教にハマって以来、有名寺社の特別公開や、僧侶の活動に携わり続ける。 人間の存在意義が問われるこれからの時代に備えるべく、日本文化や神仏が教える心を、煎茶道などの文化遺産を活用しながら伝えている。 MAIL: yasseyaseyase@gmail.com WEB: http://yasseyaseyase.wixsite.com/kurogane



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »