瞑想とはどういうもの?瞑想にまつわる5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

瞑想とはどういうもの?瞑想にまつわる5つのこと

瞑想とは、目を閉じてあぐらをかいて・・・というイメージがありますが、よくわからないという方が多いかもしれません。
日常で瞑想を行うことがほとんどありませんが、女性に人気が高いヨガには、瞑想が含まれているということで知られています。

瞑想とは、無心になること。

無心になること・・・と言われても、たくさんの情報量の中で生活をしていると、無心になれる機会がほとんどありませんよね。
いろいろな音や色があって、無心になるよりもいろいろなことを考えてしまう事の方が多いのではないでしょうか。

瞑想はインドから

瞑想とは、インドから伝わってきたと言われています。
ブッタの時代には、すでに修行として瞑想が取り入れられていたのです。
遥か昔の時代から現在まで、瞑想が引き継がれていると思うと神秘的ですよね。

瞑想は長い時間をかけて、日本へとやってきました。
それが、日本でいう「座禅」です。
瞑想と座禅・・・たしかに共通点が多いような気がしますが、座禅よりも瞑想の方が柔らかいイメージがあるかもしれません。

集中力を強化させる

瞑想とは、集中力をUPさせる効果があると耳にしたことはありませんか?
静かな場所で無になるための瞑想は、集中力を作り出す究極の方法かもしれません。
スポーツ選手やアーティストが、集中したいときに瞑想を行うというのもわかる気がしますよね。

ひとつのことに集中できるように、心の中のいろいろなものを取り払おうとするためには、その場ですぐ行える方法としておすすめです。

優しい気持ちになれる

瞑想とは、スピリチュアルな面が強いことで知られています。
いろいろな悩みや考え事をリセットさせることで、どこか浄化された気持ちで心が満たされますよね。

瞑想をしていると、心の言葉を聞いてしまうことがありますが、それでは心が乱れてしまい瞑想になりませんので、無心になる事だけを徹底としていきます。

悩み事や考え事をリセットすると、包み込んでしまうような温かい優しさが湧き出てくるような感覚に・・・。
温かい気持ちが体内から溢れてくると、周囲に対しても思いやりの眼差しで接することができるでしょう。
表情も柔らかくなり、自分のことも労わる気持ちが芽生えてくるかもしれません。

健康のために

瞑想とは、健康のために取り入れようという方も多く、老若男女問わずに気軽にできるものとして受け入れられています。

集中できる姿勢で目を閉じながらゆっくりと腹式呼吸を行うものですが、呼吸を整えることでリラックス効果を
得ることができるでしょう。
息を吸って吐くという当たり前の行為が、瞑想を通して意識しながら行うと、こんなにも難しいことなのかと改めて感じてしまうかもしれません。

癒しの効果

瞑想とは、疲れた心を癒してくれるオアシスのようなものかもしれません。
瞑想をしていくうちに、心のコントロールも可能になると言われていますが、瞑想しただけで?なんて疑いたくなりますよね。

心を無心にすることで、不安や悲しみもすべての感情をリセットします。
嫌なことは、寝て忘れてしまおうという方もいますが、この考え方と同じように辛いことがあったときは、瞑想をして封印してしまいましょう。

瞑想とは、心を落ち着かせるという意味で、この時代に必要なものなのかもしれません。
気持ちに余裕がないと、周囲にも自分にも厳しい見方をしてしまいますよね。
そのため、周りが見えなくなっていることに気付かずに、ストレスを大きくしてしまっているのです。

心が疲れていると良い考えが浮かばずに、負の気持ちばかりがいくつも溢れてしまいます。
疲れた心は、瞑想を繰り返し行いながら元気にしませんか?
心が元気になると、いつもの行動にもプラスの変化が期待できるでしょう。

一日数分間の瞑想を毎日の日課として、ストレスが溜まらない強い心を作り上げていきたいですね。

 

和(なご)みの心を大切に
日本の大切なこころ 「美しさ」
感謝の心が人生を変える



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »