本 神道<いのち>を伝える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 

 

 

以前に、人間のいのちは地球より重いといった総理大臣がいました。

誰でも人間のいのちは大切だと思っておりますが、それではいのちとはいったい何であるかと聞いてみると、それに答えられる人は一人もおりません。

いのちとは、その日本語の言葉の通り、生きるための知恵のことです。

これは宇宙ができて以来の神の知恵、そして祖先のいろいろな経験からの知恵のことで、これによって我々は生かされています

戦後、日本にアメリカの理屈の教育が入ってきたため、この知恵と知識というものを混同し、知識があれば知恵が現われてくると考える人が多くなり、学校でも知識を主体にした教育が行われていますが、この知識と知恵というものとはまったく別のものです。

自動車はガソリンで走りますが、そのガソリンのエネルギーだけでは車を走らせることができません。

人が乗って、正しい運転をすることおによって安全に走るのと同じことで、人間もまたエネルギーだけでは生きられません。

神や祖先からの正しい知恵の導きがなければ、生きられないのです。

戦後の日本は、すべてのことを理屈で考えるようになったため、いのちが失われ、その結果、現在のような乱れた国になってしまいました。

このままでは日本の国のいのちそのものが消えてしまう、何とか一日も早く祖先が伝えてきた日本人のこころ、日本人のいのちに目覚めなければ大変なことになると真剣に思い、この本を書きました。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »