花を愛でる日本人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今年は寒い春を迎えている京都ですが

日本各地で待ちに待った桜が開花を迎え
至る所でお花見が開かれていますね

 

私も一昨日はまだ蕾の桜の木の下でお花見
昨日は知恩寺でお茶会に参加してきました

桜はまだ見頃ではないですが
路にも様々な可愛らし花々が咲き乱れ
桜よりも小さな花達に心惹かれます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花を眺めている時にふと思いました

日本語では「花を愛でる」

と表現しますよね

 

◆賞でる・愛でる【めでる】とは

見た目の美しさ、素晴らしさに感心して楽しむ。心から素晴らしいと思う。

めでるは元々「賞賛する」といった意味の「めづ(愛づ)」の連用形である。

 

賞賛するという意味の「めでる」ですが
「愛」と言う感じを使うようになったのはいつからなのか

 

美しい物をただ眺める
そんな状態でも「愛でる」と表現する
日本人の情緒深さ
とても美しい

 

日本には美しい四季がある
だからこそ、一年中違う花を愛でる祭りがありますね

 

菜の花、梅、桃、桜、ツツジ、藤、紫陽花、向日葵、朝顔、コスモス、彼岸花、菊、牡丹、椿

その中でも桜は特別な存在

 

日本の花見は奈良時代の貴族の行事が起源だといわれています
奈良時代には中国から伝来したばかりの梅が鑑賞されていたのが平安時代に桜に代わったそうです

それは歌にも現れていて
『万葉集』には桜を詠んだ歌が43首、梅を詠んだ歌が110首程
10世紀初期の『古今和歌集』では数が逆転して桜が70首、梅が18首になったという
「花」が桜の別称として使われ、女性の美貌が桜に例えられるようになるのもこの頃から

「賞でる」が「愛でる」となったのは、この頃からなのでしょうか

 

 

陰陽道では、桜の陰と宴会の陽が対になっていると解釈するらしいので
陰陽のバランスを整える良い儀式なんですね!

また桜は可憐な花の開花期間の短さ、散り際の豪華さ儚さが
しばしば人の命になぞらえられるほど

これほどまでに人を惹きつける桜は
世界中でも愛されて「愛でられ」ている不思議な花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ京都も桜が見頃になりそうで

観光客の数も凄くなりそうですが

外国人の方にも日本人にも

沢山「愛でて」頂きたい❤️

 

 

四季に恵まれた日本に感謝

今日もありがとう

 

 

Bilanca website 🌸          http://www.bilanca.co



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »