ゆる茶、いかがですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

嬉しい贈り物が届きました。

浄住寺と煎茶、そして煎茶メタラー山口君を取材いただいた、フェリシモさんの冊子「ゆる茶」。

こんな可愛い表紙です。

ほんわり。

心とからだの緊張をほどいて、ゆる茶を一杯いかがですか。

 

 

「ゆる茶」の中にこのようなことが書かれていました。

「所作に集中する」

お茶を入れる所作に集中することは、まさに瞑想そのものです。・

動作の一瞬一瞬に、注意深く、意識的であり続けることにより、雑念を防ぎ、無心になることができます。

今の瞬間に意識を集中する行為は、「マインドフルネス」とも呼ばれますが、それにより脳の前頭前野(思考をや客観視をつかさどる部分)も成長し、自分をコントロールする力が高まります。

ふだんの生活の中で心をとらわれがちな、過去や未来から切り離され、今ここに意識を集中することにより、わたしたちは、自分の力をより有効に発揮することができ、「穏やかさ」「至福感」を得やすくなるのです。

 

 

なんと、浄住寺の煎茶と禅にピッタリのお話し。

とってもありがたいお話し。

 

浄住寺ではお煎茶と禅でみなさまをお迎えします。

「ほっ!」と今を楽しみにお越しくださいね。

 

素敵な今日、ありがとうございます。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »