日本の文化を大切にするためにしたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本の文化を大切にするためにしたいこと
日本の文化はあらゆるところで徐々に消えかかっていますが、欧米化が進む中どうしても守るべき日本の歴史や魅力が存在します。
日本の文化は海外にアピールするだけではなくて大切なのは、今後活躍する若い人たちが日本文化の価値を理解することです。
ではどんな点を意識して日本の文化を守っていけば良いのでしょうか。

ビジュアル的に残していく

日本の文化といっても歴史やアート、建築など色々なジャンルがありますが、終戦を迎えてから日本の風習や伝統文化が様変わりしたと感じる人はとても多いのです。
昔から行われている年間行事を見ても、最近では消えつつある風習も増えていますよね。

例えばお正月の門松を飾る風習も、一般家庭では年々減少しています。
このような日本の文化を実際に引き継ぐことが、最も重要なのですが時代にそぐわないこともありますよね。

しかしどんな風習や習慣があったのか、忘れてしまう前に写真や動画、絵画などで引き継ぐことができます。
今はすべてがデジタル社会になり、人とのつながりも薄くなっています。本当に大切なものを見失ってしまう時代なのかもしれませんが、思い出として残すことは誰にでもできること。

生活のなかで文化を継承しよう

日本の文化を大切にしたいと思ったら、まずは毎日の生活にプラスできることを考えてみましょう。
例えば食生活。欧米化した肉食メインの食事でなく、野菜中心の和食や懐石料理など、文化を味わう習慣を取り入れるのは健康にもメリットがあります。

また昔のような家族団らんの時間も近年とても減っていますよね。
時には家族全員が集まり、昔話をするのもよいでしょう。
古いテレビ番組を見たり映画を観たりするなど、懐かしい時間をプラスして刺激にすることが大切に。

そして季節ごとに行う日本の文化として、夏の打ち水や蚊取り線香など。
ふと思い出す昔の日本をうまく生活に取り入れて、どれほど価値があるものか再発見してみましょう。

癒し空間で日本文化を満喫しよう

日本の文化と思い難しく構えてしまうと、なにから大切にして良いか分からないもの。
でも昔から続くことは、私達の癒し空間にも色々なメリットがあります。
今はストレス社会ともいわれて、仕事や家庭でもゆっくり気を休めることができない人が増えています。
そんな日本人に必要なのは情緒あふれる癒しなのです。

浮世絵、俳句、歌舞伎、茶道など昔から続く日本の文化にもっと興味を持ってみませんか。日本の芸術や文化は脳を刺激するよりも、どこかホッとする癒し感で溢れています。
心の癒しを求める為には和風文化を意識して、頭で考えるだけではなく心で感動できる空間を作ってみましょう。
例えば古い日本絵画を部屋に飾るなど、ちょっとしたアイテムが癒しにつながります。

好きな分野で日本文化をプラスしよう

日本の文化が消えてしまう前に、現代に生きる私達はできる限り文化を継承していく必要があるでしょう。
芸術や生活習慣、風習など色々な「日本」が普段の生活の中に隠れています。
興味がないジャンルを無理やり勉強するよりも、自分が好きなことや、気になるものを深く知り日本文化をプラスしてみましょう。

インテリアが好きな人は、和風に部屋の模様替えをする、出会いを増やしたい人は文化を守るボランティアに参加するなど、小さなことから大きなことまで、私たちの日常には古い文化をプラスするチャンスがあります。
日本の伝統を守るためには、自分から進んで最初に古いものを理解してうまく現代と調和させるようにしましょう。

 

失われつつある日本の文化や風習は、いつもの生活パターンを繰り返していると、消滅する方向へと進んでしまいます。
素晴らしい日本をいつまでも継承するためには、意識して昔を振り返ることが大切なのかもしれません。

ふと思ったこと 「文化」
日本の文化の遊びを知れば和の魅力を満喫できる!
日本の文化とは「心を分かち合う」文化
「世界に比類なき日本文化」 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »