天の仕組みをご存知ですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

天の仕組みをご存知ですか。
天って、天国ではありませんよ。

神とは別に、日本には天という概念がありますね。
宇宙の始まりに関わる神々さまをつかさどる、その大もとの天です。

 

和の心 太陽と虹

天のもとにあらゆる階層の神々が存在し、天、すなわち宇宙の創造主を根源神とされ、それを地上に体現できる最高の主を太陽と位置付けるのが、天の仕組みです。

朝夕に空を仰ぎ見て手を合わせて、今日の無事を「お天道さま」に感謝するのが日本人が本来持っていた神さまと関わる心なのですね。

自然界で目にするすべての中に神を見い出すことができる豊かな発想力。
人との触れ合いにおいて神さまのはたらきを伺い知るすぐれた感性。
さまざまな出来事に対しても、崇高な意志を感じとり、畏敬の念を持ち礼を尽くす文化は、日本人の精神性を物語るものです。

さらには社を設け祀るという人々の行為があり、その整えられた場と形があったからこそ、人と神との関係が守り受け継がれてきました。

人知を超えた神という存在ではありますが、そのはたらきを人格化して示し、より人々に親しみやすい神様として語り継いだのが神話です。
この世の成り立ちに携わった神々、そこから産まれた神々、その系譜や体系は「古事記」や「日本書紀」をはじめとした古い書物に残されています。

神さまにはそれぞれ呼び名があり、与えられたはたらきや役目も異なります。
すでに広く認識されている神々から、あまり知られていない神さままで。

神さまのことをもっともっと知ると、神さまをもっと身近に感じられるようになるかもしれませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »