暗闇の中にこそ情緒があると思いませんか。

 

暗闇の中にこそ情緒があると思いませんか。

金曜日は私がご縁をいただいた、素敵な物作りの人や品の紹介です。


現代では夜の時を、ライトアップとかイルミネーションといっていっぱいの光をつかって美をつくり楽しもうとしますが、夜の本当の美しさは暗闇の中にあるのではないでしょか。

 

P1040504



暗闇に浮かぶ月明かり、星の輝き、そして万灯籠や行燈。
古より日本人はこのわずかな雅な明かりや燈火を楽しんできました。


今日ご紹介するのは、この雅な明かりを現代によみがえらせた「華倭里(かわり)行燈」です。

行燈、ご存知ですか。
行燈(あんどん、英: Oriental lamp)は江戸時代の照明器具の一つです。
持ち運ぶもの、室内に置くもの、壁に掛けるものなど様々な種類がありました。
もともとは持ち運ぶものだったため「行灯」の字が当てられ、これを唐音読みして「あんどん」となったそうです。
持ち運び用は後に提灯に取って代わりました。

行燈は竹、木、金属などで作られた枠に和紙を貼り、風で光源の炎が消えないように作られています。
照明器具とはいっても現在のものとは比較にならないほど暗いもので、電球の50分の1程度だそうです。
多分その明るさは現代の私たちには想像できないでしょうね。


さて、現代に蘇った「華倭里行燈」

明治40年より奈良三郷の里で鍛冶屋として農業とともに支えあってきた垣本さんが、その鍛冶屋としての技術を活かし、加工の方法は変わっても原点を忘れることなく、職人のみなさんと技術の研鑽と新たな感性に磨きをかけ作られました。

「華倭里」は「華やかに倭の里から生まれた行燈」という意味。

倭の里、奈良の正倉院宝物、薬師寺、小倉百人一首などの図柄を用いた行燈。
電球をともすと内側の和紙を通じて図柄が浮かんできます。
暗闇に浮かんだ華倭里行燈のほのかな光。

ステンレス製の板を100分の5ミリの精度で図柄を切り出します。
伝統を受け継ぎ、今を創造して作られた行燈。


心の豊かさは暗闇を持つことにより、より深みを増していくものですね。
ほの暗い空間の中で、心を落ち着かせるための燈火。

本当に素敵な品です。
今だからこそ「華倭里行燈」で心を癒してみませんか。