鍛冶屋跡の古民家と金属の風合いを愉しむ「華倭里行燈」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

華倭里行燈 垣本麻希さん

奈良三郷の里で明治40年に村の鍛冶屋として創業し、農家とともに支えあってきた垣本さん。 そのDNAを受継ぎ加工の方法は変わっても原点を忘れることなく、技術の研鑽と新たな感性に磨きをかけていくことで更なる道は拓けていきます。 その中から生まれた「華倭里行燈」

P1040514

垣本麻希さん FB
華倭里 HP



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »