来年は「午」年。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

来年は「午」年。
各神社には来年の「午」の大絵馬が飾られはじめてますね。
今年の「巳」お疲れさまでした。

和の心 巳年絵馬

 

さて「絵馬」とは。

絵馬は願い事を伝えるために書いた神様への手紙。

五角形の板に願いを書いたら絵馬掛け所に結んで奉納します。
絵馬には大きくわけて二種類あり、現在よく使われている絵馬は「子絵馬」、たくさんの人が一つのことを祈るために書いた大きな絵馬のことを「大絵馬」と呼んでいます。
最近は子絵馬の種類も増えて、奉納するだめでなく、お守りとして持ち帰ることができるものもあります。

さてなぜ「絵馬」という名前になったかというと、古くから神聖な生き物で、神様の乗りものと考えられてきた馬。
かつてその馬を神様に捧げる風習がありました。
でも馬は高価なものですし、送られた方も世話が大変です。
やがて、土や木で作った馬を捧げるという方法に変わり、今のように馬を描くようになっていったというのが絵馬の歴史です。

多くの人の思いをこめたものに「大絵馬」があります。
大きさは1メートルぐらいのものが多いようですが、優れた画家が描いた文化財級のものものこっていて、各地の神社やお寺の「絵馬堂」というところに飾られています。
当時、身分に関わらず誰でも自由に見学できた絵馬堂は、娯楽の少なかった時代の人々が芸術をゆっくり楽しめる空間でした。
現代の美術館的な役割を果たしえとり、ギャラリーの元祖だといえるかもしれません。
大きな神社やお寺には絵馬堂があるところが多いそうですから、近くの絵馬堂から訪ねてみてはいかがですか。

今年も後五日。
素敵な一年でしたでしたか。
来年はどんな年にしたいですか。
年始には「午」の絵馬に願いを!

和の素敵 http://wanosuteki.jp/



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »