神社が大好き「おのころ島神社」

 

正月、伊弉諾神宮に行ったとき、淡路島内に「おのころ島神社」があるって始めて知りました。

(今頃、ブログに書いてすいません!)

 

 

おのころ島って知ってますか?

古事記、日本書記に神代の昔国土創世の時、伊弉諾命と伊弉冉命の二神により創られた日本発祥の、国生みの聖地ですよ!淡路島はおのころ島の次、二番目に出来た島です。

 

 

 

どんな神社でしょうか?

うずうず、早く行きたい!

伊弉諾神宮から淡路島を南に20分ほど行ったところ・・・なんだ!あの大きな鳥居は?

大神神社の大鳥居や平安神宮の大鳥居、それと同じくらい・・・それなら境内もとっても大きいのか・・・

 

 

 

いやいや、とても質素でしかし気高い正殿があるだけです。

正殿は、大鳥居をくぐり石階段を登った正面にあります。

おのころ島神社の正殿は伊勢神宮と同じ神明造となっており、また伊勢神宮の内宮の鰹木は十本、外宮は九本あり、おのころ島神社は、八本となっておりました。

 

 

 

なんともいえない澄んだ空気。

目を閉じて、二神が天の浮橋にお立ちになり、天の沼矛を持って海原をかき回す姿、その矛より滴る潮がおのずと凝り固まって島となる時を思うと、自分も天の浮橋に立っている感じになれますね!

 

 

 

 

 

そして「おのころ島」って「自凝島」って書くって初めて知りました。

そうそう西側奥には八百万神社もありました。

八百万神社って他にあるのでしょうか?

何て言っていいのか、凄い神社ですね。

正月というのに参拝者も少なく私としては嬉しい時を過ごせました。

 

 

そしてそして、おのころ島神社の側に「天の浮橋」と「葦原国」があるの知ってますか?またまたびっくり!

葦原国は、海辺に葦が茂っていて、その中に五穀豊穣の沃土があるという、古代伝承にもとづく日本国の別の呼名とされています。

 

 

 

 

淡路島って興味津々!

 今度みなさんと淡路島で歴史探索しませんか、とっても楽しいと思いますよ!