「節気」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

「節気」とは旧暦で季節を表す言葉ですね。

一年を二十四等分して「二十四節気」といいます。

 

和の心 節季

 

 

旧暦は今では使われなくなってしまった暦ですが、現在の暮らしにも旧暦ならではの行事や習慣が残っており、旧暦の日付を知ると新暦とのずれがよくわかります。

 

節季は季節の移り変わりを知る大切な手がかりですね。
まずは「二至二分四立」と覚えてください。

 

一年の真ん中(6月)と最後(12月)に「至」があり、その中間、春と秋に「分」があります。

そして春夏秋冬の始まりには「立」があります。

 

この8つが季節を区分する言葉で、それ以外にほぼ15日おきに節気があります。

大寒や啓蟄など、今でも耳にする機会のある言葉も多いでしょう。

節気を知ることによって、「春が来た」「そろそろ夏が近づく」「一年でいちばん昼が長い日」など、季節の移り変わりを身近に感じることができます。

 

四季のある国に生まれたのですから、季節感を大切に暮らしたいものです。

古臭いといわず、二十四節気の一つ一つの言葉をもう一度、見つめてみてください。

 

 

二十四節気  並べてみると解りやすいですよ!

小寒 1月06日頃    小暑 7月08日頃

大寒 1月20日頃    大暑 7月23日頃

立春 2月04日頃    立秋 8月08日頃

雨水 2月19日頃    処暑 8月24日頃

啓蟄 3月06日頃    白露 9月08日頃

春分 3月21日頃    秋分 9月23日頃

清明 4月05日頃    寒露 10月09日頃

穀雨 4月20日頃    霜降 10月23日頃

立夏 5月06日頃    立冬 11月08日頃

小満 5月21日頃    小雪 11月23日頃

芒種 6月06日頃    大雪 12月08日頃

夏至 6月22日頃    冬至 12月22日頃



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »