縁起菓子

 

「福徳」という縁起菓子をご存知ですか?

「福徳」は、金沢に伝わるお正月の縁起菓子です。
和菓子店「落雁諸江屋」さんで今も作られています。

 

和の心 福徳菓子

 


最中の皮でできた、打ち出の小槌や米俵を割ると、中から出てくるのは、金平糖のまねき猫や、ひょうたん。
そして、ちいさい天神様の土人形や桃。
新年のご挨拶をかねて、遊びにやって来たお客さまと「せえの」であけます。
なにがでてくるかは、お楽しみ。

お正月の祝い菓子で有名なのは「はなびら餅」。
別名「包み雑煮」。
うすい餅のあいだには、砂糖煮の牛蒡。
牛蒡は、正月膳の押し鮎の意味。
(鮎は一年で成長する縁起のよい魚とされるから)
ほんのり白みその味がいいですね。

(参考:「ひらがな暦」・おーなり由子)