長唄「二人椀久(ににんわんきゅう)」素敵でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

長唄「二人椀久(ににんわんきゅう)」素敵でした。

和の心 今藤さん 2014.01.31

(写真:私の三味線の師匠 今藤和歌美さん)

昨日、私の三味線の師匠と日本の文化に親しむ「ことぶき花舞台」をご一緒させていただきました。

三部で片岡愛之助さんや中村壱太郎さんが演じられるので、国立文楽劇場は大満員。
宮川町の芸子さんたちも二部でお囃子をされるので、舞妓さんや着物姿も大勢。

いいことですね。

さて、二部の長唄「二人椀久」がとても素敵でした。
唄方の今藤美佐藤さん、芳村伊四絽さんもお上手、そして三味線方の今藤美佐緒さん、今藤珠美さんが素晴らしい。
長唄の伝存曲の中で最も古い曲の一つであり、長唄の歴史の中で演奏が難曲中の難曲とされいる「二人椀久」
凛としたお姿での指捌き、撥捌き。
聴く者を魅了してやまないです。

女性が演じるとやっぱり優しいですね。
もちろん力強さもありますが、優しい。
男はこの優しさに弱いのです。

歌舞伎で長唄を聞くことがありますが、このように親しむことが少ないです。
歌謡曲や謡曲もいいけど、素敵な日本の文化にもっともっと親しむ機会が増えればいいですね。

そう、もっともっと。

和の素敵でも、みなさんが素敵な和の文化に親しめるように頑張らなくては!

それでは、私の師匠の素敵な「二人椀久」をお聞きください。
http://www.youtube.com/watch?v=UH-Q47hPDPs



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »