「油 箪」(ゆたん)って知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

「油 箪」、桐箪笥のカバーだけではない

こんにちは。

今日は旧暦1月7日、先勝(乙酉(きのととり))

旧暦だと七草粥ですね。

今ごろだと、七草も野山に出てきてるかな。

月齢は7.2

 

今日は油 箪のお話し。

油 箪(油 単とも書くそうです)って知ってましたか?

私は物は知ってましたが、油 箪と言うとは知りませんでした。

 

お琴のおおいも、獅子舞の胴幕も油 箪

 

「ゆたん」とは、油紙・木綿などでつくられた、 箪笥・長持ち等を汚れから守る、道具のおおいの事です。

昔は、床や畳を汚さない為に、燭台などの下に敷いた、油引きの紙や、布の事をいいました。

その後、諸道具を旅などで持ち歩く際に、汚れないようにする おおいをいうようになりました。

お琴のおおい、また、獅子舞で人が被り舞う胴幕(かや)もゆたんといいます。

現代では桐箪笥のカバーを指すことが多いですね。

油 箪は物を大切に扱うためのおおい、そして、用が終わると畳んで小さくなる。

素敵な油 箪ですよね。

 

ありがとうございます。

 

何か、現代でも、少し、さまを変えれば素敵な使い道がいっぱいありそう!

みなさま、ご提案を!!

(参考:株式会社小嶋与商店さま

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

油 箪もあと何年かしたらなくなってしまうのかな。

いやいや残していかないと。

素敵な物を大切にする日本の文化だから。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »