「油 箪」(ゆたん)って知ってますか?

 

油 箪(油 単とも書くそうです)って知ってましたか?
私は物は知ってましたが、油 箪と言うとは知りませんでした。

 

昨日、素敵な方から教えていただきました。

 

 

 

 

「ゆたん」とは、油紙・木綿などでつくられた、 箪笥・長持ち等を汚れから守る、道具のおおいの事です。


昔は、床や畳を汚さない為に、燭台などの下に敷いた、油引きの紙や、布の事をいいました。
その後、諸道具を旅などで持ち歩く際に、汚れないようにする おおいをいうようになりました。
お琴のおおい、また、獅子舞で人が被り舞う胴幕(かや)もゆたんといいます。
今では、桐箪笥の油箪(ゆたん)が知られています。

 

今では持ち運び用にカバンやケースが使われますが、これらは持ち運ぶだけの物。
そして、用が終わってもかさばる物。
しかし、油 箪は物を大切に扱うためのおおい、そして、用が終わると畳んで小さくなる。
素敵な油 箪ですよね。

 

何か、現代でも、少し、さまを変えれば素敵な使い道がいっぱいありそう!
みなさま、ご提案を!!

 

http://www.kojimayo.com/