「東京 歌舞伎座 開場式」

 

昨日の歌舞伎座新開場記念パレード、凄い人でしたね!

昨日は、歌舞伎俳優60人余りが銀座の街を練り歩く「お練り」に続いて、開場式が開かれました。


初めに開場を告げる太鼓が打ち鳴らされたあと、古くからこけら落としの際に上演されるという舞踊「寿式三番叟」を尾上菊五郎さんや松本幸四郎さん、中村梅玉さんが披露しました。
そして、真新しい舞台に初めて歌舞伎俳優と関係者、およそ100人が勢ぞろいしました。

 

 

 

この中で、人間国宝の坂田藤十郎さんが「伝統を受け継ぎつつ最先端の技術で生まれ変わった歌舞伎座で、私たち俳優は新たな歌舞伎の歴史を作っていく覚悟です。
歌舞伎座が国民の皆様はもとより広く世界の人に愛されるよう一生懸命舞台を務めたい」とあいさつしました。

 

このあと、全員で手締めを行い、会場から大きな拍手が送られていました。
歌舞伎座では28日に舞台に関わる人が勢ぞろいして伝統の「古式顔寄せ手打ち式」が行われる予定で、来月2日から始まるこけら落としの公演を盛り上げることになっています。

 

伝統を受け継ぎつつ最先端の技術で生まれ変わった歌舞伎座、楽しみですね!
みんなで、見に行きましょう!!

 

(写真:http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/photogallery/kabukiza/garticle.htm?ge=1349&gr=5612&id=192498