日本の七十二候「虹始見」(にじはじめてあらわる)

 

日本の七十二候「虹始見」

虹が初めて出るころという意味です。

その年、初めて見える虹を「初虹」といいます。

 

 

 

この時期に初虹が出るとは限らないのですが、雨の水滴が大きいほど、色も鮮やかになります。
つまり、雨の少ない冬は珍しく、見えても色が薄いことが多いのです。

 

春の虹も、まだ淡く消えやすい虹ですが、見えたときのうれしさはひとしおですね!